組織の分断を解消する社内コラボレーション創出ツール「ourly profile」がリリース

tool

2022年5月23日、ourly株式会社は、「ourly profile(アワリープロフィール)」をリリースしたことを発表しました。

「ourly profile」は、個人のプロフィールページと顔・名前がわかる組織図一覧ページにより、組織内の分断を解消する社内コラボレーション創出ツールです。

プロフィールページは、部署・役職などの基本的な項目以外にも、強み・趣味・スキルなどがひと目で分かるようになっています。

また基本的な検索機能だけでなく、所属部署・役職・Q&Aの回答項目など様々な要素からメンバーを絞り込むことができる独自の探索機能により、思いがけない出会いを創出することも特徴としています。

ourlyはほかに、Web社内報ツール「ourly」を提供しています。

「ourly profile」と「ourly」は連携しており、社内報を書いた人やコメントをした人のプロフィールを「ourly profile」で確認することができます。

新型コロナウイルス感染症の流行により、多くの企業でテレワークが急激に普及しました。

テレワークが普及したことで、これまで以上に必要な時にしか社員と話すことがなくなり、多くの組織でコミュニケーション不足が課題として顕在化しています。

一方で、デジタル化によってノンコア業務が効率化・自動化されコア業務に時間が充てられるようになり、多くの企業では創造的な仕事が求められるようになってきています。

そのため従業員間のコミュニケーションを促進し、従業員の創造性を刺激したり、コラボレーションを生んだりする環境を整えることの重要性が高まっています。

コミュニケーションを活性化させる仕組みとしては、社内SNSの構築が考えられます。自由な発言がしやすい雰囲気を整えることで、垣根なく意見を交換することが可能になります。

一方で社内SNSは、オープンな雰囲気になりすぎると業務に関係ない投稿が増え、偏ったコミュニティが形成されてSNS好きだけが使うツールになってしまう、という失敗例も多くあります。

そこで注目されているのが、社員の情報を一覧できるプロフィールページといったシンプルな仕組みです。

もちろんこういったプロフィールページは、自らが検索しないと情報が入手できないという欠点があります。そのため、社内Q&Aと組み合わせるなど業務に必要なコミュニケーションを促す仕組みも必要となります。

「ourly profile」は、Web社内報「ourly」と連携し、社内報の執筆者やコメントを書いた人のプロフィールページを確認できるようにすることで、コミュニケーションを促進する仕組みを構築しています。

創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ ourly ourly profile アワリープロフィール コミュニケーション コラボレーション スキル ツール プロフィール 株式会社 検索 社内報 組織 組織図
詳細はこちら

組織内のあらゆる分断を解消させる『ourly profile(プロフィール)』をourly株式会社がリリース

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

人事専門成果報酬型求人サイト「アミーチ」がリリース
2022年5月18日、株式会社Hajimariは、「アミーチ」を提供開始したことを発表しました。 「アミーチ」は、人事専門型の完全成果報酬型求人サイトです。 人事関連のビッグデータを用いてニーズに合わ…
契約マネジメントシステム提供の「ContractS」が転職サイト運営の「キャリアインデックス」の子会社に
2022年5月20日、ContractS株式会社は、株式会社キャリアインデックスのグループへの参画について合意したことを発表しました。 また、キャリアインデックスは、ContractSの株式を2022…
吸水ショーツなどを展開するフェムテックブランド「Nagi」運営の「BLAST」が1.5億円調達
2022年2月9日、株式会社BLASTは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 吸水ショーツなどを展開するフェムテックブランド「Nagi(ナギ)」を運営しています。 吸水・防…
D2CブランドやD2Cソリューション事業を展開する「Brandit」がブランドプロデュース事業を展開する「DiGG」と資本業務提携
2022年6月1日、株式会社Branditは、株式会社DiGGと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 また、DiGGの代表取締役である江藤倫寿氏を、Branditの執行役員CMO(最高マー…
短時間で食料品・日用品を届ける宅配スーパーを運営する「OniGO」が7.2億円調達
2022年4月8日、OniGO株式会社は、総額7億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 OniGOは、10分で食料品や日用品を届ける宅配スーパー「OniGO」を運営しています。 実店…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ