注目のスタートアップ

お魚のサブスクリプションサービス「フィッシュル」を運営する「ベンナーズ」が8,000万円調達

company

2023年1月4日、株式会社ベンナーズは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ベンナーズは、お魚のサブスクリプションサービス「フィッシュル(Fishlle!)」を運営しています。

味とは関係ない理由で規格外とされる未利用魚を積極的に活用したミールキット・加工品をサブスクとして届け、魚のフードロス削減と漁業者の収入向上に貢献しています。

今回の資金は、「フィッシュル」の新商品開発、CRMなどマーケティングの強化、製造拠点の拡大などに充当します。

また、食品メーカーや飲食業界などとのBtoB事業を開始、休職や社食などでの「フィッシュル」の活用など、個人宅以外での消費拡大に取り組みます。

水揚げされる魚のなかには、使われることのない未利用魚や、価値がない/低い低利用魚が数多く存在します。

未利用魚は、食の地域差、食べるために手間がかかる、調理方法が知られていない、水揚げ時の傷、サイズが異なるなどの理由によって生まれます。

水揚げされる魚のうち、3割程度を未利用魚が占めており、その多くは飼料・肥料として利用されています。

とはいえ漁港近くの食堂などでは未利用魚を利用した商品なども提供されており、人が美味しく食べることができる魚が数多く含まれていることから、未利用魚に付加価値をつけるための取り組みの注目が高まっています。

たとえば、未利用魚を積極的に買い取って販売する卸売や、未利用魚を海鮮丼などで使用する回転寿司チェーンなどがあります。

ベンナーズは福岡を拠点に、地元の漁港で水揚げされた未利用魚を買い取り、ミールキット・加工品としてサブスクリプションモデルで提供しています。

これまで注目されてこなかった未利用魚の美味しさを届けると共に、漁師の収益の向上にも貢献しています。

事業のさらなる成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Fishlle! サブスクリプション フードロス フィッシュル ベンナーズ 未利用魚 株式会社 水産 水産物 漁業 資金調達 食品ロス
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

シェアード・ワークプレイス「co-ba ebisu」がオフィスレスの新プラン「ワタリドリ」を正式リリース
2021年3月29日、株式会社ツクルバは、運営する「co-ba ebisu」において新プラン「ワタリドリ」を正式リリースしたことを発表しました。 「co-ba ebisu」は、コワーキング・フロア、イ…
顧客対応業務をビジネス機会創出の場に変えるプラットフォーム提供の「ジーネクスト」が3.2億円調達
2019年10月9日、株式会社ジーネクストは、総額3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 顧客対応窓口に特化した、インシデント/クレーム情報を活用する「生活者共創(Co-Creat…
AIによる不正ユーザー検知システム「Stena」提供の「ChillStack」が3,000万円調達
2020年3月31日、株式会社ChillStackは、約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、AI特化型インキュベーターの、株式会社ディープコアです。 AI技術を用いた不正…
政策づくりのDX「issues」が6,500万円調達
2021年11月1日、株式会社issuesは、総額6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 政策づくりのDXを推進する「issues 〜くらしの悩みをみんなで解決〜」を運営しています。 …
海外進出支援プログラム「X-HUB TOKYO OUTBOUND PROGRAM 2021 シリコンバレーコース」が開催 申込締切・11/5
2021年10月15日、ジェトロ・スタートアップ支援課は、「X-HUB TOKYO OUTBOUND PROGRAM 2021 シリコンバレーコース」のエントリーを開始したことを発表しました。 「X-…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ