注目のスタートアップ

お魚のサブスクリプションサービス「フィッシュル」を運営する「ベンナーズ」が8,000万円調達

company

2023年1月4日、株式会社ベンナーズは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ベンナーズは、お魚のサブスクリプションサービス「フィッシュル(Fishlle!)」を運営しています。

味とは関係ない理由で規格外とされる未利用魚を積極的に活用したミールキット・加工品をサブスクとして届け、魚のフードロス削減と漁業者の収入向上に貢献しています。

今回の資金は、「フィッシュル」の新商品開発、CRMなどマーケティングの強化、製造拠点の拡大などに充当します。

また、食品メーカーや飲食業界などとのBtoB事業を開始、休職や社食などでの「フィッシュル」の活用など、個人宅以外での消費拡大に取り組みます。

水揚げされる魚のなかには、使われることのない未利用魚や、価値がない/低い低利用魚が数多く存在します。

未利用魚は、食の地域差、食べるために手間がかかる、調理方法が知られていない、水揚げ時の傷、サイズが異なるなどの理由によって生まれます。

水揚げされる魚のうち、3割程度を未利用魚が占めており、その多くは飼料・肥料として利用されています。

とはいえ漁港近くの食堂などでは未利用魚を利用した商品なども提供されており、人が美味しく食べることができる魚が数多く含まれていることから、未利用魚に付加価値をつけるための取り組みの注目が高まっています。

たとえば、未利用魚を積極的に買い取って販売する卸売や、未利用魚を海鮮丼などで使用する回転寿司チェーンなどがあります。

ベンナーズは福岡を拠点に、地元の漁港で水揚げされた未利用魚を買い取り、ミールキット・加工品としてサブスクリプションモデルで提供しています。

これまで注目されてこなかった未利用魚の美味しさを届けると共に、漁師の収益の向上にも貢献しています。

事業のさらなる成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Fishlle! サブスクリプション フードロス フィッシュル ベンナーズ 未利用魚 株式会社 水産 水産物 漁業 資金調達 食品ロス
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

次世代の本人認証技術によるゼロトラスト型セキュリティサービスの実現を目指す「イニシャル・ポイント」が1.2億円調達
2022年12月15日、イニシャル・ポイント株式会社は、1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、モバイル・インターネットキャピタル株式会社が運営する「MICイノベーション…
「スカリー」が有名人のプロモーション起用を支援する「47キャスティングパートナーズ」をリリース
2020年9月4日、スカリー株式会社は、「47キャスティングパートナーズ」を開始したことを発表しました。 「47キャスティングパートナーズ」は、有名人を起用した、ブランディング、商品・サービス訴求、地…
「SoftRoid」が1億円調達 建築工事の全工程を網羅的に記録するクラウド型AIサービス「zenshot」をリリース
2022年9月16日、株式会社SoftRoidは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「zenshot(ゼンショット)」の正式版をリリースしたことも併せて発表しています。 「ze…
位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラットフォーム開発・提供の「クロスロケーションズ」が2.2億円調達
2020年7月14日、クロスロケーションズ株式会社は、2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、東京理科大学ベンチャーファンドです。 位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラ…
オンライン・マルシェ「食べチョク」運営の「ビビッドガーデン」が2億円調達
2019年10月2日、株式会社ビビッドガーデンは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン・マルシェ「食べチョク」を運営しています。 こだわりの生産者から、直接商品を購入できるオ…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】