注目のスタートアップ

バーチャルIPのプロデュース・バーチャルコンテンツ制作事業を展開する「Activ8」が資金調達

company

2023年10月24日、Activ8株式会社は、「KDDI Open Innovation Fund 3号」から資金調達を実施したことを発表しました。

Activ8は、バーチャルIPのプロデュース事業、バーチャルコンテンツ制作事業を手がけています。

2023年3月に、Avtiv8とKDDIは、メタバース時代に最適なコンテンツの開発とグローバル展開を目指した戦略的提携を開始しています。

提携の具体的な取り組みとして、KDDIが提供するメタバース・Web3サービス「αU(アルファユー)」内の「αU metaverse」内で開催されたアバターによるバーチャルライブ「balallel-meta-Party」において、Activ8は演出と制作を担当しています。

今後さらに関係を強化し、お互いの持つ強みやアセットを共有し、メタバースエンターテインメント事業を加速させていきます。


Activ8は、VTuber(バーチャルYoutuber)の草分けである「キズナアイ」を制作・プロデュースした企業として知られています。

VTuberとは、イラストや3DCGのアバターを用いてライブ配信や動画投稿などの活動を行う個人または集団のことを指します。

キズナアイがデビューしたのは2016年12月のことであり、その後VTuberという概念は活動者と視聴者の両方に広がりサブカルチャーのひとつのジャンルとして定着していきました。

コロナ禍でライブエンターテインメント市場は大きな打撃を受けましたが、ライブ配信の活用やVR技術を活用したライブなどが試され、ライブエンターテインメントの新たな形が示されました。

VTuberはこうしたバーチャルライブの演者として重要な存在であり、急速にバーチャルライブなどに関する知見が蓄積されていっています。

VR・メタバースコンテンツは、今後5GやVRデバイスの普及によってさらに成長していくと考えられており、それに伴いVTuber関連の注目も高まっていくと考えられます。

事業の拡大には資金調達や、シナジーの見込める企業との連携が重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、創業期の資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Activ8 BtoB IP VTuber Web3 アバター エンターテインメント コンテンツ コンテンツ制作 バーチャル バーチャルライブ プロデュース メタバース 制作 株式会社 演出 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

国産オリジナルのゲノム編集の基盤技術開発に取り組む「C4U」が15億円調達
2023年5月17日、C4U株式会社は、総額15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 C4Uは、国産のゲノム編集技術であるCRISPR-Cas3を基盤技術とする、2018年3月に設立された大阪…
空飛ぶクルマを開発する「テトラ・アビエーション」が4.5億円調達
2022年6月21日、テトラ・アビエーション株式会社は、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 テトラ・アビエーションは、空飛ぶクルマ(eVTOL)を開発しています。 2022…
暗号資産取引所「CoinTrade」 ステーキングサービス「CoinTradeStake」を7/14から開始
2022年7月4日、株式会社マーキュリーは、新サービス「CoinTradeStake(コイントレードステーク)」を2022年7月14日に開始することを発表しました。 マーキュリーは、暗号資産取引所「C…
食に特化した事業承継プラットフォーム事業を展開する「まん福ホールディングス」が8.16億円調達
2022年7月20日、まん福ホールディングス株式会社は、総額8億1,600万円の資金調達を実施したことを発表しました。 まん福ホールディングスは、食に特化した事業承継プラットフォーム事業を展開していま…
BtoB受発注システム「CO-NECT」運営の「CO-NECT」が3.7億円調達
2022年6月20日、CO-NECT株式会社は、総額3億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 CO-NECTは、BtoB受発注システム「CO-NECT」を運営しています。 FAXや電…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】