ロイヤリティフリーのストックミュージックサービス「Audiostock」運営の「オーディオストック」が6.7億円調達

company

2021年11月24日、株式会社オーディオストックは、総額6億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ロイヤリティフリーのストックミュージックサービス「Audiostock(オーディオストック)」を運営しています。

音楽クリエイターが作曲した作品を預かり、ストックミュージックとして販売・配信を行っています。

2019年から定額制プラン(法人、個人の区分けをなくし、使用シーンや人数に合わせて選択できるプラン)を開始しています。

今回の資金は、システム開発の推進や、国内外でのシェア拡大を目的としたマーケティングの強化、レコーディングコンテンツの拡充などに充当されます。

2021年8月に発表された総務省情報通信政策研究所による資料「令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によると、全年代の平日におけるテレビ系動画の平均利用時間は181.7分、ネット系動画が49.7分といまだテレビ系動画の利用時間が多いことがわかります。

しかし若年層に限ってみると、10代のテレビ系動画の平均利用時間は82.9分、ネット系動画が102.8分とネット系動画が優勢、20代はテレビ系動画が101.2分、ネット系動画が89.7分とほぼ拮抗した利用時間であることがわかります。

特に20代のネット系動画の利用率は、2019年が54.4分だったものが2020年で89.7分に伸びたことが特徴的です。

またネット系動画の利用率の伸びは全年代に共通のものとなっており、新型コロナウイルス感染症の流行による巣ごもり需要の増加や、それぞれの年代に対応したコンテンツの増加などが利用率増加の要因であると考えられます。

YouTubeなどの動画共有プラットフォームに動画を投稿する人びとも増加しています。特にYouTubeに動画を投稿するクリエイターであるYouTuberは広く認知されており、子供の将来なりたい職業では上位に位置するまでになっています。

動画において音楽(BGM)は非常に重要な要素のひとつです。たとえばホラー映画のBGMをコミカルなものに変更しただけで怖さがなくなってしまうなど、視聴者に与える感情を左右する大きなものです。

しかしYouTuberなど個人の動画制作者は音楽家ではないことが多いため、フリーのBGM素材や有償のBGMを購入して使用しています。

「Audiostock」は、このような動画制作などにおいて利用できる音楽素材をロイヤリティフリーで提供するプラットフォームです。

Web制作などでお世話になることの多い写真・画像素材を提供しているストックフォトサービスの音楽版と考えるとわかりやすいでしょう。

個人の動画制作者の少なかった時代ではあまり大きな市場ではありませんでしたが、動画共有プラットフォームなどの利用率の拡大により、世界のストックミュージックの市場も大きく拡大していくと予測されています。

動画などを活用したPRはビジネスの成長には欠かせません。しかし創業期はコストの面から満足できるPRを行えないこともあるはずです。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Audiostock BGM オーディオ オーディオストック ストック ストック・ミュージック ロイヤリティフリー 動画 株式会社 資金調達 音楽
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

コミュニケーション・ロボット「OriHime」など開発の「オリィ研究所」が5億円調達
2020年10月15日、株式会社オリィ研究所は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 以下の製品・サービスを開発・提供しています。 ・遠隔操作で自由自在に動かせる小型分身ロボット「Ori…
イスラエル国防軍の技術を用いたサイバーセキュリティSaaS提供の「AironWorks」が9,000万円調達
2021年11月11日、AironWorks株式会社は、総額約9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 イスラエル国防軍のUnit 8200出身エンジニアが開発した最先端テクノロジーを用…
「Hacobu」が物流業界の脱FAX/脱電話をサポートする配送案件管理サービス「MOVO Vista」をローンチ
2020年10月2日、株式会社Hacobuは、「MOVO Vista(ムーボ・ヴィスタ)」をローンチしたことを発表しました。 「MOVO Vista」は、荷主企業、元請企業、協力運送会社のコミュニケー…
「ゴエンアップ」が外国人採用に特化した人材紹介会社向け業者間プラットフォーム「Goandup Agent」をリリース
2020年9月30日、株式会社ゴエンアップは、「Goandup Agent」をリリースすることを発表しました。 「Goandup Agent」は、外国人採用に特化した、人材紹介会社向け業者間プラットフ…
クラウド人材管理システム提供の「HRBrain」が13億円調達
2020年12月4日、株式会社HRBrainは、10億円の第三者割当増資と、3億円のデット・ファイナンスを合わせ、最大で13億円の資金調達が決定したことを発表しました。 クラウド人材管理システム「HR…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ