注目のスタートアップ

美容電動アイクリームブランドを運営する「LOWAN」が1,500万円調達

company

2022年11月16日、株式会社LOWANは、1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

LOWANは、美容電動アイクリームブランド「LOWAN(ロワン)」を展開しています。

ヒト幹細胞培養液を30%配合し、毎分1万回の振動によって肌の深部(角質層)まで浸透させられる電動チューブを採用したアイクリームです。

現在、ECのみで展開しており、今後ポップアップストアなどでの展開も想定しています。

今回の資金は、「LOWAN」の認知拡大、販路拡大、商品の横展開に充当する予定です。

自社で企画・製造した商品を直接ユーザーに届けるD2C(Direct to Consumer)モデルがさまざまな領域に広がっています。

D2Cモデルは、ECサイトなどで直接消費者に商品を届けるビジネスモデルであるため、流通コストや広告費を削減でき、その分を価格に還元し、高品質なプロダクトを比較的低価格で提供できるという特徴があります。

マーケティングにおいては口コミ・SNSを活用することが多く、とくに熱心なファンがつきやすく口コミで話題が広がりやすいコスメ・スキンケアの領域は成長が目立っています。

近年スキンケアではヒト幹細胞培養エキスを配合した商品が話題を集めています。

ヒト幹細胞培養エキスは、脂肪幹細胞を培養する際に出る培養液であり、幹細胞自体が含まれているわけではないものの、EGF(上皮成長因子)やFGF(線維芽細胞増殖因子)などが含まれており、次世代のスキンケア成分として注目されています。

「LOWAN」は、このヒト幹細胞培養エキスを30%配合したアイクリームです。最大の特徴は、肌に当てることで振動する電動チューブを採用している点です。

D2Cの盛り上がりもあり、これからのプロダクト開発やマーケティングではインターネットやSNSの活用は欠かせないでしょう。「冊子版創業手帳」では、ネットPRのノウハウや、ネット通販のはじめ方、SNSの活用方法など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ D2C LOWAN アイクリーム コスメ スキンケア ヒト幹細胞エキス ヒト幹細胞培養液 ロワン 化粧品 株式会社 美容 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

モノの貸し借りアプリ「Alilce.style」運営の「ピーステックラボ」が22.7億円調達
2021年7月7日、株式会社ピーステックラボは、総額約22億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 モノの貸し借りアプリ「Alilce.style(アリススタイル)」を運営しています。…
「カスタメディア」食器のシェアリング・サービス「EPOCH TABLE」をリリース
石塚硝子株式会社は、「EPOCH TABLE(エポック テーブル)」を2020年7月1日にリリースしたことを発表しました。 「EPOCH TABLE」は、国内食器メーカー初の食器(テーブル・ウェア)の…
「4loops」がアイデアを140字で投稿することで買取や出資を受けられるフリマ・アプリ「IDEA」をリリース
2020年8月14日、株式会社4loopsは、「IDEA(アイデア)」のリリースを発表しました。 「IDEA」は、140字以内でアイデアのつぶやきを投稿することで、買取や出資を受けられるスマートフォン…
「VR内見」などビジネスVR事業展開の「ナーブ」が16億円調達
2019年9月30日、ナーブ株式会社は、総額16億円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産の内見にVRを活用する「VR内見」や、VRと遠隔通話による無人店舗サービス「どこでもストア」、VRで…
「ワクフリ」が「ものづくり補助金」を活用してITツール活用の導入支援・サポートを行うサービス「スモールアシスト事業」をリリース
2020年12月3日、株式会社ワクフリは、「スモールアシスト事業」のサービスを提供開始することを発表しました。 「スモールアシスト事業」は、「ものづくり補助金」を活用して無料でITツール活用の導入支援…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ