注目のスタートアップ

電気運搬船や大型蓄電池を開発する「パワーエックス」が15億円調達

company

2022年11月15日、株式会社パワーエックスは、大手金融機関から融資によって15億円の資金調達を実施したことを発表しました。

パワーエックスは、超急速EV充電用蓄電池・定置用蓄電池・船舶用電池・住宅用電池の製造・販売や、電気運搬船「Power Ark」の開発を展開しています。

「Power Ark」は、沖合にある洋上風力発電所でつくられた電力を船で陸に運ぶ電気運搬船です。2025年に1号艇の完成を予定しています。

大型蓄電池事業では、岡山県玉野市に日本最大級の蓄電池組立工場「Power Base」を建設することを予定しています。

「Power Base」は、2023年からテスト生産を、2024年春からEV急速充電器や定置用蓄電池などの出荷を開始する予定です。

また、2022年8月には、バッテリー型超急速EV充電器「Hypercharger」、定置用蓄電池「Mega Power」、11月には船舶用蓄電池「Mega Power for Marine」の先行受注を開始しています。

今回の資金は、予約注文の出荷に向けて投資します。

SDGsの推進などにより、世界的にクリーンなエネルギーである再生可能エネルギーへのシフトが進んでいます。

再生可能エネルギーには、太陽光・風力・バイオマス・水力・地熱などさまざまなものがありますが、国際的に主流となっているのは太陽光発電と風力発電です。

国内では、大規模な太陽光発電設備を設置できるような平坦で広大な土地が少ないこと、欧州と比べて風が弱く安定的でないことから風力発電の効率が悪いことなどを理由に再生可能エネルギーの導入が遅れていました。

しかし近年は技術の発展によって発電効率の向上が実現したことや、震災によって多数の原発が停止し電力不足に陥っていることから、国内においても再生可能エネルギーの社会実装に向けた動きが進んでいます。

とはいえ太陽光発電と風力発電の普及にはいくつかの課題があります。そのうちの課題のひとつは、蓄電池のコストの問題です。

太陽光発電・風力発電は発電量が時間・季節などによって一定ではなく、需要と供給のバランスを保つことが難しいことから、電力を溜めておき、必要な時に使えるようにする蓄電池が必要となります。

しかし蓄電池のコストは高く、たとえば太陽光発電を採用する際に蓄電池を導入しない場合よりも蓄電池を導入したほうが経済的にメリットがある状態であるストレージパリティを達成している国産の蓄電池システムはいまだ存在していません。

パワーエックスは、大規模の蓄電池製造工場を建設し、高性能で価格的に競争力のある国産蓄電池の製造に取り組み、日本市場平均価格の1/3までコストを引き下げ、ストレージパリティを達成する国産蓄電池を提供することを目指しています。

大規模なビジネスを展開するには一度の資金調達で多くの資金を調達することが重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資だけではなく、VCから出資を受ける方法や、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関するノウハウを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Power Ark エネルギー パワーエックス 再生可能エネルギー 大型蓄電池 定置用蓄電池 株式会社 蓄電池 製造 販売 電力 電気運搬船
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

キャッシュレス決済連動型の栄養管理アプリ「SIRU+」運営の「シルタス」が5億円調達
2021年2月18日、シルタス株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 キャッシュレス決済連動型の栄養管理アプリ「SIRU+(シルタス)」を運営しています。 キャッシュレス決済…
コーヒーコミュニティアプリを開発する「KOHII」が2,750万円調達
2022年8月16日、株式会社KOHIIは、総額2,750万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スペシャルティコーヒーの魅力を届けるアプリサービス「KOHII」を開発・運営しています。 オリジ…
AIスマートホームカメラ「ATOM Cam」の「アトムテック」がAI電話サービスの「ディライト」と提携
2021年9月22日、アトムテック株式会社は、株式会社ディライトと提携したことを発表しました。 アトムテックは、AIスマートホームカメラ「ATOM Cam」を展開しています。 ディライトは、AI電話サ…
「電通国際情報サービス」が次世代スマート・オフィス/ビルディング・ソリューション「wecrew」の開発に着手
2020年5月7日、株式会社電通国際情報サービスは、次世代スマート・オフィス/ビルディング・ソリューション「wecrew(ウィクルー)」の開発に着手したことを発表しました。 2020年夏の提供を予定し…
不動産賃貸サービス業展開の「ハウスコム」が「イタンジ」の電子契約サービスを導入
2020年12月10日、ハウスコム株式会社は、イタンジ株式会社が提供する「申込受付くん」と「電子契約くん」を2020年12月から導入したことを発表しました。 ハウスコムは、賃貸仲介サービス「ハウスコム…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ