注目のスタートアップ

移住・ワーケーションマッチングサイト「たびすむ」運営の「BeA」が6,000万円調達

company

2021年10月22日、株式会社BeAは、6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

移住とワーケーションのマッチングサービス「たびすむ」を開発・運営しています。

AIによって性格に合ったエリアを診断する“移住ワーケーションAI診断”などにより、移住やワーケーションを考える人と地域とのミスマッチの少ないマッチングを行うサービスです。

今回の資金は、「たびすむ」の追加開発や、プロモーションに充当されます。

NPO法人ふるさと回帰支援センターの資料によると、移住相談件数は、2008年にはわずか2,475件だったものが、2019年には49,401件と大幅に増加しています。

地方移住には主に、地方から首都圏にでてきた人が地方に帰るUターンと、首都圏生まれの人間が地方に移住するIターンの2種類があります。

Uターンの場合は、仕事と生活のバランスや、結婚・子育てなどの中長期的な将来設計により、首都圏の価値が下がったことによって地方移住を志向することとなります。

以前と比べて地方移住ニーズが増加している理由としては、スマートフォンやSNSの普及により、地方にいても最新の情報を得ることができるといったことが挙げられます。

Iターンの場合は、仕事や生活の多様化や、地方に可能性を求めるなどといったことが原動力となっています。

地方での起業の成功例なども確認できるため、地方移住を考える起業家も増えて来ています。

地方移住における課題としては、最適な移住先をみつけづらいこと、収入を得られるか、住居があるか、よそ者を受け入れてくれるかなどが挙げられます。

地方では人口減少や若年層の流出などが大きな課題となっており、移住者のニーズを喚起し、受け入れ体制を整えるといった取り組みを行っている自治体も数多くあります。

総務省の報告では、移住相談窓口の設置や移住体験など、同じ施策を行う場合でも行政以外に移住・定住支援に取り組む主体が存在するほうが、移住・定住者が多い傾向にあります。

そのため、移住支援を行う事業者は、自分たちの取り組みがどれだけ効果があり、どのように自治体と連携・協力していくかが重要となってくると考えられます。

新型コロナウイルスの影響により、企業はテレワーク環境の整備が求められました。また、これを機に働き方を改革しようとの動きもあります。「冊子版創業手帳」では、社内制度の整備において社労士に依頼することのメリットや、ピンポイントで社労士に依頼できるサービスについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BeA たびすむ マッチング ワーケーション 地方 地方活性化 地方移住 株式会社 移住 自治体 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ビューティー特化の動画メディア運営の「DINETTE」が資金調達
2019年7月16日、DINETTE株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ビューティー特化型動画メディア「DINETTE(ディネット)」と、コスメのプライべート・ブランド「PHOEBE …
人材紹介会社向けの求人流通プラットフォームなど提供の「ROXX」が9億円調達
株式会社ROXXは、総額9億円の資金調達を発表しました。 人材紹介会社向けの求人流通プラットフォーム「agent bank」や、月額定額制リファレンス・チェック・サービス「back check」を運営…
不動産における軽作業のワーク・シェアリング・サービス「COSOJI」開発の「Rsmile」が資金調達
2020年11月9日、Rsmile株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 マンションなどの不動産における軽作業(共用部の掃除、草むしり、巡回など)のワーク・シェアリング・サービス「COSO…
猫の活動データを記録する首輪「Catlog」展開の「RABO」が6億円調達
2021年4月6日、株式会社RABOは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 飼い猫の活動データを24時間記録する首輪「Catlog」の提供を行っています。 また「Catlog」シリー…
不動産マネジメントの「PIPI」が投資用マンションを開発・分譲する「クレアスライフ」と資本業務提携
2019年10月8日、株式会社PIPIは、株式会社クレアスライフと、資本業務提携に係る契約を締結し、資金調達を実施したことを発表しました。 PIPIは、民泊・ホテル・マンスリー・マンションなどの、バケ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ