債権管理業務DX推進の「Lecto」がパーソナルスタイリングサービス展開の「DROBE」と業務提携

tips

2022年6月17日、Lecto株式会社は、株式会社DROBEと、業務提携契約を締結したことを発表しました。

Lectoは、債権管理・督促回収をDXするプラットフォーム「Lectoプラットフォーム」を提供しています。

取引データを連携するだけで、面倒な債権管理・督促・回収・消込・償却までを自動化し、債権管理・督促回収を大幅に効率化するサービスです。

また、債権管理・督促・回収・償却といったデータを統合管理し、サービスの改善を支援します。

プラットフォームは、決済・ローン・保証・サブスクリプション・インフラサービスなど、サービスの特徴やポリシーに合わせてカスタマイズして提供します。

DROBは、オンライン完結のパーソナルスタイリングサービス「DROBE(ドローブ)」を提供しています。

プロのスタイリストとDROBE独自の「スタイリング AI」により、ユーザーの嗜好・体型・予算に合ったファッションアイテムをスタイリングし、セレクトした商品を定期的に届けるサービスです。届いた商品は自由に試着でき、気に入った商品のみ購入できます。

「DROBE」は、後払いに近いサービスであるため、支払金額の回収が上手くいかなかったり、支払いが滞ったりするケースがありました。

Lectoは、今回の業務提携により、DROBEに「Lectoプラットフォーム」を提供し、「DROBE」における債権管理業務の効率化を支援します。

債権管理とは、売掛金や未収入金などの債権を管理する業務のことです。

とくにBtoB(企業間)取引では、商品やサービスの納品時に代金を受け取るのではなく、後日入金してもらう請求書払いで取引することが多くあります。

また、企業と消費者の取引であるBtoCにおいても、後払いやECにおける銀行振込などでは売掛金や未収入金が発生します。

こういった売掛金や未収入金においては、相手方に悪意がなくてもなんらかのトラブルが発生することで支払いが滞ることがあります。

こういった滞った相手に催促したり督促状を送るなどして売掛金をもれなく回収することは安定した資金繰りを維持するためには重要な業務なのですが、債権管理は煩雑になりがちで経理部門に大きな負担がかかっています。

Lectoは、この債権管理と督促回収を自動化する「Lectoプラットフォーム」を提供することで、上記のような課題を抱える企業を支援しています。

資金繰りがうまくいかないと、売上が黒字であっても倒産してしまう、黒字倒産に見舞われてしまうことがあります。「冊子版創業手帳」では、創業期に重要視したいキャッシュフローについてのノウハウや、黒字倒産しない会社を作る資金繰り表の作成術など、詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ DROBE DX Lecto Lectoプラットフォーム 債権管理 株式会社 業務提携 督促回収
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「農業後継者育成システム」提供の「AGRI SMILE」が4,000万円調達
2020年1月23日、株式会社 AGRI SMILEは、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「農業後継者育成システム」をJA蒲郡市に導入したことも併せて発表しました。 「…
遊びの予約サイト「アソビュー!」などを運営する「アソビュー」が「静岡銀行」と資本業務提携
2022年5月30日、アソビュー株式会社は、静岡銀行と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 アソビューは、遊びの予約プラットフォーム「アソビュー!」、観光・レジャー・文化施設向けSaaS、DX…
大学生・大学教員・大学職員限定のSNS「Union」運営の「Anlimited」が2,500万円調達
2022年4月20日、Anlimited株式会社は、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Anlimitedは、大学生・大学教員・大学職員限定のSNS「Union」を運営していま…
クラウドロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」開発の「ラピュタロボティクス」が「三菱倉庫」と資本業務提携
2022年5月17日、ラピュタロボティクス株式会社は、三菱倉庫株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 ラピュタロボティクスは、次世代クラウドロボティクスプラットフォーム「rapyut…
ドコドア株式会社 本間隆之|総合デジタルマーケティングの事業展開が注目の企業
総合デジタルマーケティングの事業で注目なのが、本間隆之さんが2011年2月に創業したドコドア株式会社です。 国内のスマートフォン所有率が86.8%(2020年時点、情報通信白書より)となり、今や生活イ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ