注目のスタートアップ

家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS」を運営する「クラス」が19億円調達

company

2022年11月2日、株式会社クラスは、売掛債権の流動化ならびに銀行融資等により、総額19億円の資金調達を実施したことを発表しました。

クラスは、家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS(クラス)」、法人向け「CLAS BUSINESS(クラス ビジネス)」を運営しています。

返却された商品は専用チームによって修繕・クリーニングを行い、より長く家具・家電を利用できる仕組みを構築しています。

将来的には、家具・家電だけでなく、耐久財のPaaS(Product as a Service:商品のサービス化)プラットフォームとして、取り扱いカテゴリー・商品数を拡大することを目指しています。

今回の資金は、商品の仕入れを中心とした運転資本に充当します。これにより、取り扱いカテゴリー増強の上、在庫数を2022年10月時点約8万点から2025年までに約22万点に増加させる計画です。

月額料金でサービスやプロダクトの利用権を提供するビジネスモデルであるサブスクリプションサービスはさまざまな領域に広がっています。

音楽や動画のストリーミング配信などからはじまったサブスクは、今ではクルマや家具など高価な商品にも広がっています。

とくにクルマ・家具などは高価であり、品物自体もサイズがあるため、売却・処分が難しいのですが、サブスクはこうしたデメリットを軽減してくれます。

さらにクルマ・家具は機能性だけでなく、その見た目も魅力のひとつです。とくに家具は部屋の印象を決定づけるものであるため、もし気軽に家具を買い替えられるのであれば、さまざまな家具を試してみたいという潜在的なニーズがあると考えられます。

家具のサブスクリプションサービスは初期費用が安いことや、処分費用がかからないこと、模様替えのハードルが下がることなどのメリットがあります。

さらに、廃棄の削減と家具の二次利用が促進されることにより、環境負荷を低減できるという点も強く注目されています。

国内では、親元を離れて暮らす人が増加しているほか、仕事の都合で引っ越す可能性もあります。このような状況では家具を長く使うということは困難です。

しかし家具のサブスクリプションサービスはこの状況を変え、より循環性の高い家具の利用を促進できる可能性を秘めています。

株式会社クラスのコメント

このニュースを受けまして、株式会社クラスよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

今回のアセットファイナンスとデットファイナンスのハイブリットで調達した資金は在庫の調達を始めとした運転資本に対して充当し、エクイティファイナンスで調達した資金は成長投資へ集中することで、事業運営の安定性を確保した上で、成長を加速させるスキームを整えることです。

・今後の展望を教えてください。

より積極的な仕入れが可能となったことから、自社製品の拡充はもとより外部メーカー様も大きく巻き込み、“所有しない利用”を促進し既存事業の成長を目指します。加えて、既存事業で培った事業アセットを活用してより広大な市場機会を獲得するとともに、既存事業における競合優位性にもつなげたいと考えております。

・読者へのメッセージをお願いします。

2022年10月時点における個人向け「CLAS」の登録会員数は約18万人、法人向け「CLAS BUSINESS」の登録企業数は1,500社を突破し、32カテゴリー、1,200種類の厳選した商品がECサイトからスマホひとつで簡単にレンタル・返却・交換できます。

ぜひ創業期のオフィスづくりや、自宅でのリモートワークに活用し、より快適なワークスペースにするお手伝いができればと思います。

オフィス家具や内装はオフィスの生産性にも大きく影響してきます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「リモートワーク手帳」では、オフィス内装の考え方や、自然の取り入れる効果など、理想的なオフィスの作り方について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CLAS CLAS BUSINESS PaaS Product as a Service クラス サブスクリプション 家具 家電 循環型社会 株式会社 資金調達
関連記事はこちら

創業期のオフィス作りの最適解!注目の家具サブスクリプション

資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「もりおかSDGs ファンド」が手紡ぎ手織りの毛織物「ホームスパン」事業を展開する「クラシカウンシル」に出資
2022年5月20日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、「もりおかSDGs 投資事業有限責任組合(もりおかSDGs ファンド)」より、株式会社クラシカウンシルに投資を実行したことを発表しまし…
不動産業向け管理・編集SaaS「Forest」運営の「オープンルーム」が2,500万円調達
2020年2月27日、株式会社オープンルームは、2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産業向け管理・編集SaaS「Forest(フォレスト)」を開発・運営しています。 物件図面の…
不動産賃貸サービス業展開の「ハウスコム」が「イタンジ」の電子契約サービスを導入
2020年12月10日、ハウスコム株式会社は、イタンジ株式会社が提供する「申込受付くん」と「電子契約くん」を2020年12月から導入したことを発表しました。 ハウスコムは、賃貸仲介サービス「ハウスコム…
製造業向けの異常検知AIソフトウェアを提供する「アダコテック」が11億円調達
2022年4月27日、株式会社アダコテックは、総額11億円の資金調達を実施したことを発表しました。 アダコテックは、効率的な異常検知を可能とする製造業向けの異常検知AIソフトウェアを提供しています。 …
新車カーリース・サブスク「おトクにマイカー 定額カルモくん」運営の「ナイル」が50億円調達
2021年1月18日、ナイル株式会社は、総額50億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 新車カーリース・サブスク・サービス「おトクにマイカー 定額カルモくん」や、デジタル・マーケティング事業、…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ