注目のスタートアップ

オールインワン基幹システムを提供する「hacomono」が38.5億円調達

company

2023年4月19日、株式会社hacomonoは、総額38億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

hacomonoは、オールインワン基幹システム「hacomono」を提供しています。

ウェルネス産業向けに、入会・予約・決済などの手続きをデジタル化するシステムとして提供が開始されたシステムです。

リアル店舗における予約・決済や入会手続きを会員ユーザーのPC・スマートフォンから行えるようにすることで、店舗での事務手続き・支払手続きなどのオペレーションの手間を削減し、顧客にはデジタル化の利便性を提供します。

バックオフィスを効率化する機能だけでなく、入退館管理機能・在庫管理機能・POSレジ機能などの店舗・施設をデジタル化する機能や、データ集計・アンケート・キャンペーン機能などのデータ経営を実現する機能なども提供しています。

スクール業界・公共運動施設などへの導入が広まっており、幅広い業界の課題解決に資する機能開発に取り組んでいます。

今回の資金は、基幹システムとしての「hacomono」開発、店舗DXを加速させるIoTの活用、ハードウェアの研究開発、FinTech領域を含めた新規事業への投資、人材採用、組織力の強化に充当する予定です。

今後、公共運動施設を含めたウェルネス施設へのキャッシュレスを拡大することで事業領域を広めていくことを目指します。


予約システムは、受付・予約管理の業務を効率化するだけでなく、顧客データの収集により、データを活用したマーケティングを実現するため、実店舗ビジネスなどにおいて重要なシステムのひとつです。

従来のジムなどのフィットネス系の施設においてもオンライン予約受付システムは導入されていましたが、会員登録・決済・会員管理などとは統合されておらず、真に利便性のある体験や、業務における効率化を実現できていませんでした。

たとえば、ジムを初めて利用するユーザーは電話などで問い合わせ、体験入会や見学をした上で入会を行う必要があります。また、入会手続きについても店舗で書類に手書きで記入することが多く、ユーザーの手間になっているほか、店舗における転記・登録というオペレーションの負担を生じさせています。

こういった課題を解決し、顧客満足度を向上させることを目的に、hacomonoは会員管理・予約・決済システム「hacomono」を提供しています。

すでにウェルネス施設における基幹システムとしての機能は揃っており、今後はFinTech領域を含めた新規事業を展開し、事業領域を広めていくようです。

経済産業省が、2025年までに日本企業のDXが成功しなければ年間最大12兆円の経済損失が発生する可能性があると指摘しているように、予約システム以外でもデジタル化が急務となっています。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DX ERP Fintech hacomono SaaS ウェルネス キャッシュレス ジム デジタルトランスフォーメーション デジタル化 フィットネス 予約 会員 入会 基幹システム 株式会社 決済 管理 資金調達 顧客 顧客管理
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

次世代の本人認証技術によるゼロトラスト型セキュリティサービスの実現を目指す「イニシャル・ポイント」が1.2億円調達
2022年12月15日、イニシャル・ポイント株式会社は、1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、モバイル・インターネットキャピタル株式会社が運営する「MICイノベーション…
「アステナホールディングス」の連結子会社「岩城製薬」が抗ウイルス薬を開発する「キノファーマ」に出資
2022年10月17日、アステナホールディングス株式会社の連結子会社である岩城製薬株式会社は、株式会社キノファーマに出資したことを発表しました。 キノファーマは、宿主因子をターゲットとし、ウイルスの増…
「Beverich」が資金調達 ノンアルコール飲料等専門のECサイト「Beverich」を正式リリース
2023年1月19日、Beverich株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Beverich」を正式リリースをしたことも併せて発表しました。 「Beverich」は、ノンアルコー…
トータル・ボディケア・ブランド「I‘m La Floria」展開の「Mellia」が資金調達
2020年1月30日、Mellia株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 デリケート・ゾーン・ケアから始まるトータル・ボディケア・ブランド「アイム ラフロリア」を展開しています。 現在は、…
半導体検査装置の検査時間短縮を実現する“電子ビーム生成装置”を提供する「Photo electron Soul」が6.2億円調達
2020年7月17日、株式会社Photo electron Soulは、総額6億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 名古屋大学発ベンチャーで、独自の革新的な電子ビーム技術を核に開発…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】