注目のスタートアップ

教育特化型外部人材マッチングサービス「複業先生」などを展開する「LX DESIGN」が資金調達 ベネッセホールディングスと資本業務提携

company

2022年10月12日、株式会社LX DESIGNは、株式会社ベネッセホールディングスを引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表しました。

LX DESIGNは、教育特化型外部人材マッチングサービス「複業先生」や、高校生のためのAIソーシャル進路相談プラットフォーム「imAdokI」、Edtech領域の学生たちが集う実践型ゼミ「LXゼミ・教育大学」を展開しています。

「複業先生」は、探究学習・総合的な学習・プログラミング・グローバル・IT・起業教育・金融教育・性教育など、これまで教員だけでは手が回らなかった教育において、教育に関わりたい多様な民間人材に授業を依頼できるサービスです。

ベネッセホールディングスは、子会社のClassi株式会社を通じて、学校のICT化をサポートする教育プラットフォーム「Classi」を提供しています。

今回、Classiと提携し、両社の知見を活かし、教員の授業の負荷軽減や、より多くの生徒が社会と接することができる機会を創出するため、事業に取り組んでいきます。

株式会社LX DESIGN

このニュースを受けまして、株式会社LX DESIGN<よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

ベネッセHD様・Classi様とともに”複業先生®︎”を通じた、探究学習・キャリア教育・教科学習での顧客学校・自治体への価値共創を日本中で行います。
特に、餃子・共感・パーパスを中心に事業開発・プロダクト両面での組織強化を図ることで、教員・他業界出身者がワンチームで新たな和音に挑みます。

・今後の展望を教えてください。

学校の新たな関係人口を創出することで、教員の孤独を解消します。ESG・ウェルビーイング・サステナビリティなどの観点で、企業の参画希望も増えてきているので、それを繋ぐ翻訳機能、共通言語を分かち合う”複業先生®︎”プラットフォームを触媒に、学校と社会の間にある境界線を溶かしていきます。
教育課題を”資本主義の外の誰かが解決してくれるもの”から、すべての人にとって、”この瞬間から自分たちが関わるべきライフワークに”変えていきます。
一般的には、僕たちは学校DX・HR領域のリーディングスタートアップとご理解いただいていますが、次世代の才能開花に尽くす集団であり、生徒たち、先生たちの生きる意味とその可能性に寄り添い切ります。

・読者へのメッセージをお願いします。

金谷自身が教員を志したところから、このストーリーは始まっています。たった1人の富山の教員家庭で育った自身の願いを、世界中の方が分かち合ってくださり、感無量です。
教員という仕事の尊さ、難しさ、喜びを1人でも多くの人に分かってほしかった、ただそれだけなのです。
関係人口が増えなければ、より孤独な世界が待っています。皮肉なことに、テクノロジーの進化で、それは加速しています。
僕たち、学校の先生たち、地域の皆様、誰が欠けてもこの志は叶いません。皆様が育った地域の次世代に皆様の経験や志を分かち合うことが積み重なり、世界中の才能開花に繋がります。
僕の小さな願いから始まったこのチャレンジに共に取り組んでくださることに心から感謝しています。

文部科学省の「教員勤務実態調査」(2016年度)によると、小学校教諭の33.4%、中学校教諭の57.7%が、過労死ラインを超える月80時間以上の残業をしていました。

この教員の長時間労働は社会問題となり、教育機関では働き方改革に向けた取り組みが進められています。

これにより、2021年4月の時間外勤務の割合は、小学校において月80時間超が8.2%、中学校では19.9%、高等学校では11.0%と大きく減少しています。

この時間外労働の減少は、教育機関におけるデジタル化・テクノロジー活用が進み、業務効率化が進んだことが理由であると考えられます。

さらに教育の領域では、生徒に対する教育自体についても大きな変化が訪れています。

近年のAIなどの先端技術の発展は、これまでに経験したことのない社会・産業の変化をもたらすと考えられています。さらに、気候変動・災害・国際紛争など、世界情勢の変化も激しくなっています。

この予測が難しく変化が著しい時代において、未来を担う人材となるのが現在教育を受けている子どもたちです。

これからの時代では、変化に対応し、持続可能な社会を実現できる能力が必要であり、従来の教育では新たな時代に対応できる能力を身につけることが難しいと考えられています。

そのため新たな教育手法である、科学(Science)・技術(Technology)・工学(Engineering)・アート(Art)・数学(Mathematics)の領域を重視するSTEAM教育の推進や、高等学校における「総合的な学習の時間」の「総合的な探究の時間」(探究学習)への変更など、教育の変化が進んでいます。

たとえばこの探究学習は、教科・科目などの枠を超え、生徒自らが問いを立て、情報を収集・分析・発表するというものです。生徒自らが主体性を持って学習していく必要があります。

学校教育では、生徒の視点・興味を広げていくため、より社会との接点を増やす必要があります。

LX DESIGNはこうした状況において、自身の専門性を活かして教育に携わりたい複業人材と学校をマッチングすることにより、開かれた教育の提供に貢献しています。

時代の変化は激しく、次々と社会課題が顕在化したり生まれたりしています。起業家は社会課題を解決できる大きな力を持っていますが、アイデアを事業として具現化するには大きな困難が待ち受けています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社会課題解決に取り組む複数の起業家へのインタビュー記事を掲載しています。先人の思考やアイデアを知ることは、新たなビジネスの創造に役立つことでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Classi EdTech LX DESIGN ベネッセホールディングス マッチングサービス 人材 先生 学校 教員 教育 株式会社 複業 複業先生 資本業務提携 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Animoca Brands」がxRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を運営する「Psychic VR Lab」に1億円出資
2023年1月13日、Animoca Brands株式会社は、株式会社Psychic VR Labに1億円の出資を行ったことを発表しました。 Psychic VR Labは、アーティストのためのXRク…
「vivola」が3,000万円調達 不妊治療データ検索アプリ「cocoromi」を正式リリース
2021年4月22日、vivola株式会社は、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、不妊治療データ検索サービス「cocoromi(ココロミ)」のスマートフォン・アプリの提供…
最終面接で不採用になった学生を他社に推薦するスカウト型サービス「ABABA」が6,000万円調達
2022年2月8日、株式会社ABABAは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 新卒対象スカウト型サービス「ABABA」を運営しています。 最終面接で不採用になった学生だけをスカ…
自然とテクノロジーの調和を目指す「mui Lab」が2億円調達
2019年11月5日、mui Lab株式会社は、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 人や自然とテクノロジーの調和を目指し、UI/UXデザインと、実装のための技術開発を行っています。 …
飲食店の集客に特化したオールインワンツール「TITAN(タイタン)」β版がリリース
2022年12月5日、株式会社オールフィットは、新サービス「TITAN(タイタン)」β版をリリースしたことを発表しました。 「TITAN」は、飲食店に特化したWeb集客オールインワンツールです。 Go…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ