注目のスタートアップ

農作物のアップサイクルに取り組む「グリーンエース」が資金調達

company

2022年9月30日、株式会社グリーンエースは、資金調達を実施したことを発表しました。

グリーンエースは、農産物のアップサイクルに取り組む東京農工大学発のスタートアップです。

東京農工大学とJA全農と共同で粉砕技術の研究に取り組み、色・香り・栄養成分を保持したまま粉末化できる技術をもとに2021年1月には自社ブランド「Vegemin」を立ち上げています。

「Vegemin」では、トマト・ニンジン・カボチャ・ホウレンソウなどの粉末や、野菜入りプロテインを販売しています。

今回の資金は、「Vegemin」で取り扱う商品の販売強化、食品加工の際に廃棄される未利用部位の有効活用事業に充当します。

農作物では、出荷の基準に適合しない規格外野菜が出ることがあります。

規格外野菜が発生する割合は総生産量の30~40%といわれています。

規格外野菜は、安価で販売されるほか、カット野菜、野菜ジュース、飼料などとして活用されることもありますが、多くは廃棄されている現状があります。

また、食品加工の現場では、野菜の皮やヘタなどが排出されますが、これらも焼却処分されることが多いようです。

一方で、近年は食品ロスの問題が取り沙汰されるようになり、こうした規格外野菜や食品加工での廃棄物を有効活用しようという取り組みが全国的に広がっています。

規格外野菜は虫食いなどにより、通常の野菜よりも足が速いこともあるため、長期間の保存ができるような加工方法が求められています。

野菜パウダーは野菜のすべてを活用できることから、規格外野菜や売れ残った野菜の活用法として高い注目を集めています。

パウダー化にあたっては、栄養価を向上させたり、色や味を残したままにするような技術が求められています。

安価かつ、野菜の魅力を損なわない粉末化技術が普及すれば、野菜の廃棄は大幅に減少することでしょう。

スタートアップの事業拡大には戦略的な資金調達やVCなどからの支援が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ JA全農 Vegemin アップサイクル グリーンエース 東京大学 株式会社 粉末 資金調達 農産物 野菜 食品ロス 食品残渣
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

廃棄素材を使用したクラフトジンを生産する「エシカル・スピリッツ」がコーヒー事業に参入 コーヒー豆の出涸らしを原料としたクラフトジンなど提供へ
2021年11月10日、エシカル・スピリッツ株式会社は、新たにコーヒー事業に参入することを発表しました。 エシカル・スピリッツは、廃棄素材を使用したクラフトジンの生産や、再生型蒸留所の運営を行っていま…
クラウド型ホテル運営ソリューション提供の「SQUEEZE」が9億円調達
2020年4月1日、株式会社SQUEEZEは、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 クラウド型ホテル運営ソリューションを提供しています。 ICTとクラウド・ワーカーを活用して省人化された…
たこ焼きロボットなどの調理ロボット・サービス開発の「コネクテッドロボティクス」が8.5億円調達
コネクテッドロボティクス株式会社は、総額約8億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 飲食店のキッチンでの調理に特化したロボット・サービスを提供しています。 現在は、自動たこ焼き調理ロ…
ペットウェルネスブランド「PETOKOTO」展開の「PETOKOTO」が5億円調達
2021年12月1日、株式会社PETOKOTOは、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 PETOKOTOは、ペットライフメディア「PETOKOTO」や、独自の審査を通過した保護団体のみ…
在庫分析クラウドシステム提供の「フルカイテン」が5億円調達
2021年7月6日、フルカイテン株式会社は、5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 在庫の運用効率を上げ売上・粗利・キャッシュフローを最大化する在庫分析クラウドサービス「FULL KAITEN…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ