注目のスタートアップ

暗号資産取引所システムの開発などを手掛ける「CXRエンジニアリング」が資金調達

company

2022年9月26日、CXRエンジニアリング株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、将棋AI開発で培ったAIテクノロジーをもとにAI事業を展開するHEROZ株式会社です。

CXRエンジニアリングは、暗号資産取引所システム、FX取引所システム、ネット証券取引所システムの開発・運用や、ブロックチェーン技術を活用したトークン発行・運用サービス、分散型ファイル共有システム(IPFS)事業などを展開しています。

HEROZが保有するAI技術や開発ノウハウと、CXRエンジニアリングの暗号資産取引所システム・マッチングエンジンなどのファイナンシャルテクノロジーをかけ合わせ、2社共同によるアルゴリズムを開発します。

初期リリースでは、業界のプロフェッショナル向けに提供を開始し、その後一般消費者向けにも提供する計画です。

世界初となる暗号資産(仮想通貨)であるビットコインに関する論文が提出されたのが2008年10月のことで、その3か月後である2009年1月にビットコインのソフトウェアが公開され、その後まもなく初めての取引が行われました。

暗号資産は円やドルなどの法定通貨における中央銀行などの管理者(発行体)が存在せず、国や銀行などを介することなく流通・取引を行えるという特徴があります。

また暗号資産の基盤技術であるブロックチェーンについても特定の管理者を必要とせず、世界中のコンピューターを相互につなぐP2Pを利用しているため、通常のWebサービスでは必要となるサーバーの管理・維持がなくなり、システムやサービスの運営にコストがかからないことを特徴としています。

そのため暗号資産での決済時の手数料は極めて安く、海外との取引も即時行われ、為替手数料などもかかりません。

一方で暗号資産は価格の変動率が大きい(ボラリティが高い)ため、日常的な決済手段として使いにくいものとなってしまっています。

現在はもっぱらトレーディングの対象となっており、そのための暗号資産取引所がいくつも運営されています。

新たなビジネスの創出には資金が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI CXRエンジニアリング HEROZ システム トークン ブロックチェーン 暗号資産取引所 株式会社 資金調達 開発
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「アドウェイズ」がARを活用した体験型広告「AR カメラフィルター広告」をリリース
2020年8月17日、株式会社アドウェイズは、「AR カメラフィルター広告」の提供を開始したことを発表しました。 「AR カメラフィルター広告」は、AR(拡張現実)を活用し、スマートフォンのブラウザ上…
「DXHUB」が一時帰国者向けの通信サービス「おかえりSIM」をリリース
2021年11月10日、DXHUB株式会社は、「おかえりSIM」を提供開始したことを発表しました。 「おかえりSIM」は、一時帰国者を対象とした通信サービスです。 一時帰国する際の帰国頻度や、滞在期間…
衛星間の光通信ネットワーク・サービス「WarpHub InterSat」開発の「ワープスペース」が4億円調達
2021年4月19日、株式会社ワープスペースは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 小型光中継衛星による衛星間の光通信ネットワーク・サービス「WarpHub InterSat」を開発し…
保育園向け離乳食・幼児食食材キット「baby’s fun!」を提供する「sketchbook」が資金調達
2022年5月9日、株式会社sketchbookは、資金調達を実施したことを発表しました。 sketchbookは、保育園向け給食支援サービス「baby's fun!(ベビーズファン)」を提供していま…
AI応用技術メディア「アイブン」運営の「Parks」が資金調達
2019年12月17日、株式会社Parksは、資金調達を実施したことを発表しました。 AI応用技術メディア「アイブン」を運営しています。 2019年12月現在、産業に使えるAI技術ナレッジを400件リ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ