注目のスタートアップ

スタートアップ向け融資事業「Flex Capital」や個人向け積み立てアプリを展開する「Fivot」が10億円調達

company

2022年9月21日、株式会社Fivotは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Fivotは、スタートアップ向け融資事業「Flex Capital」や、個人向け積み立てアプリ「IDARE(イデア)」を運営しています。

「Flex Capital」は、株式発行による資金調達と銀行融資の間を埋めることを目的に、スタートアップに向けてデット性の商品を展開しています。

具体的には、D2C・EC事業者向けの請求書の立替払い、D2C・EC・SaaS事業者向けのレベニューベースドファイナンス(将来発生が見込まれる売上(債権)の一部を現金化する資金調達方法)、高成長スタートアップ向けのベンチャーデットを提供しています。

今回の資金は、「Flex Capital」の顧客獲得、提供サービスの拡大、与信モデル・データ分析基盤への投資、システム開発、プロダクトチーム・ビジネスチームの人材採用などに充当します。

スタートアップがより大きな成長を実現するには資金調達が欠かせません。

スタートアップがアクセスできる資金調達手段には、VC(ベンチャーキャピタル)などの投資家に株式を発行する資金調達(エクイティファイナンス)と、銀行など金融機関からの借入による資金調達(デットファイナンス)の2種類があります。

しかし創業間もないスタートアップは、まだ実績もなく赤字であることがほとんどであるため、融資を受けるのは非常に困難です。

そのため多くのスタートアップは株式による資金調達を選択しますが、株式発行には時間や労力がかかるためスピーディな資金調達が難しく、さらに投資家からリターンを求められるというデメリットがあります。

また、米国の大手IT企業、Meta社、Netflix社、Salesforce社、NVIDIA社などは大きな株価下落に見舞われており、景気後退の前兆であるといわれています。

こうした状況の中、スタートアップでは新たな資金調達手段として、レベニューベースドファイナンス(Revenue Based Finance:RBF)やベンチャーデットが注目されています。

RBFは、将来発生が見込まれる売上(債権)の一部を現金化するという資金調達方法です。

将来の売上を現金化するという性質上、将来の売上を予測しやすいビジネス(SaaSやD2Cなど)でよく活用されています。

ベンチャーデット(Venture Debt)はスタートアップに対する融資のことです。主にIPOを目指すレイターステージの利用を想定しています。

「Flex Capital」は、請求書立替、レベニューベースドファイナンス、ベンチャーデットの3つを同じ与信モデルで運用し、スタートアップに向け、エクイティよりも安いコストでスピーディな資金調達手段を提供しています。

スタートアップの成長には戦略的な資金調達が欠かせません。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、クラウドファンディングを成功させるためのノウハウや、VCから出資を受けるための方法などを掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Fivot Flex Capital IDARE RBF Revenue Based Finance イデア スタートアップ デット ベンチャーデット レベニュー・ベースド・ファイナンス レベニューベースドファイナンス 株式会社 融資 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

光超音波3D/4Dイメージング装置開発の「Luxonus」が4.3億円調達
2021年9月10日、株式会社Luxonusは、総額約4億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自の光超音波技術を用いた3D/4Dイメージング装置を開発しています。 無被曝かつ造影…
地域のパン屋さんと消費者をつなぐ「パンフォーユー」が資金調達
2020年6月9日、株式会社パンフォーユーは、資金調達を実施したことを発表しました。 地域のパン屋と消費者をつなぐプラットフォームを運営しています。 具体的には、日本各地のパン屋の焼きたてのパンを冷凍…
保険管理アプリ「保険簿」提供の「IB」が2億円超の資金調達を実施
2022年5月20日、株式会社IBは、総額2億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 IBは、保険管理アプリ「保険簿」を提供しています。 加入している保険をデジタル管理することにより、保険の請求…
電気運搬船や大型蓄電池を開発する「パワーエックス」が「電源開発」より出資受入
2022年7月5日、株式会社パワーエックスは、電源開発株式会社より出資を受けることを決定したと発表しました。 パワーエックスは、電気運搬船「Power Ark」の開発や、大型蓄電池の製造・販売を行って…
人材紹介会社向け求人情報データベース運営の「ROXX」が3.7億円調達
2019年7月1日、株式会社ROXXは、総額約3億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、2019年7月1日に、社名を株式会社SCOUTERから株式会社ROXXに変更したことも併…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ