注目のスタートアップ

伝え方トレーニングサービス「kaeka」運営の「カエカ」が1.2億円調達

company

2022年9月1日、株式会社カエカは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

カエカは、伝え方トレーニングサービス「kaeka」(旧:GOOD SPEAK)を運営しています。

28の項目から現在の話す力を可視化し、経験豊富なスピーチライターやスピーチトレーナーによって効率的な指導を行うサービスです。

伝える力の習得に必要な、ライティング(言語化)・スピーキング(表現方法)も網羅的に学習を行います。

さらに、受講から修了までアシスタントが併走し、自宅での反復学習も含めてすべてフィードバックを行います。

今回の資金は、トレーニングプロダクトの開発、マーケティングの強化、人材採用に充当します。

人にお願いや提案をすることはよくあります。

しかし誤解されたり、もう一度わかりやすく話してほしいなどといわれてしまったりなど、思うように相手に伝わらないこともあります。

とくにビジネスではプレゼンなどが仕事の可否や案件獲得につながるため、伝え方は非常に重要です。

伝え方は、話の構成、声の抑揚、ジェスチャー、相手の反応など複数の要素で成り立っています。

そのため、トレーニングを行えば、多くの人が上手な伝え方を習得できるはずです。

実際に本屋などでも伝え方・話し方など、コミュニケーション関連の本が多く並んでおり、それらを手に取った方もいることでしょう。

一方で、コミュニケーションは相手がいなくては成り立ちません。そのため独力で上手な伝え方・話し方を養うには限界があります。

「kaeka」は、こうした伝え方に課題を抱えている人に向けたトレーニングサービスです。

起業においても専門家からのアドバイスをもらいたい場面はいくつもあります。創業手帳ではこうした起業家に向け、無料で創業コンサルティングを実施しています。1対1の相談により、起業家個人に寄り添いながら、最適なアドバイスを行っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ kaeka カエカ コミュニケーション スピーチ トレーニング 伝え方 可視化 株式会社 発話 言葉 話し方 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

空いた時間に働きたい人と人手が欲しい店舗・企業をつなぐワーク・シェアリング・サービス提供の「タイミー」が13.4億円調達
2020年9月14日、株式会社タイミーは、総額13億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 空いた時間に働きたい人と、すぐに人手が欲しい店舗・企業をつなぐワーク・シェアリング・アプリ「…
セキュリティ・トークン・オファリング(STO)事業展開の「スタンダードキャピタル」が3.3億円調達
2019年12月2日、スタンダードキャピタル株式会社は、総額約3億2,890万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ベンチャー・キャピタル事業や、セキュリティ・トークン・オファリング(STO)事…
VRイベント「バーチャルマーケット」の開催やVRエンジン提供などXR事業を展開する「HIKKY」が5億円調達
2022年2月8日、株式会社HIKKYは、5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社メディアドゥです。また、2021年11月15日に65億円の資金調達を発表しています。 HIK…
集金業務のキャッシュレス化・DXの「エンペイ」が4億円調達
2021年4月1日、株式会社エンペイは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 保育園・こども園・幼稚園・学校・塾・習い事教室などに特化した集金業務支援サービス「enpay(エンペイ)」を…
複業マッチング・プラットフォーム運営の「Another works」が1.6億円調達
2021年4月16日、株式会社Another worksは、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 複業マッチング・プラットフォーム「Another works」を運営・開発し…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ