注目のスタートアップ

循環型養殖と「つきみいくら」などのD2Cブランドを展開する「Smolt」が6,500万円調達

company

2022年9月15日、株式会社Smoltは、総額約6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

山と海をつなぐ独自の循環型養殖技術によるサクラマスの完全養殖を実現している宮崎大学発ベンチャー企業です。

環境耐性の強い家系を開発し、水産業をサポートする種苗事業に取り組んでいます。

さらに、独自養殖技術によって養殖したサクラマス「本桜鱒」、そのサクラマスからとれる金色のいくらの「つきみいくら」をD2Cブランドとして展開しています。

今回の資金は、D2C事業の商品開発、販路拡大、サクラマス種苗事業の研究開発の強化、人材採用などに充当します。

サクラマスは川で生まれたあと海へと降って、30~70センチメートルほどの大きさに成長したあと、産卵のために川へと戻ってくる降海型の魚です。

海に降ることがなく一生を淡水で過ごすものはヤマメと呼ばれます。

天然のサクラマスの漁獲量はここ数十年で減少しており、1990年代はおおよそ80トン程度で推移していたものが、2013年以降は10トン程度となっています。

サクラマスは美味で知られており、高級料亭などでも供されることがある食材です。

高値で取引されることから、積極的に養殖技術の確立が進められています。

Smoltの養殖技術は、ヤマメのうち海水に適応する個体(銀化する個体)を冬の間4か月程度海の生け簀で育てるというものです。

海の養殖では、冬の間はオフシーズンであり、生け簀が空いているケースがあります。Smoltのサクラマスの養殖ではこの空いている海の生け簀を活用できるというメリットがあります。

さらに特徴的なのが、自社で人工授精から採卵まで一貫して行う完全養殖を実現している点です。これにより生産が天然資源に左右されることはありません。

また、サケ・マス類は高い水温に弱いという特徴があるのですが、Smoltは高水温に強い種を選別しており、地球温暖化にも対応しています。

株式会社Smoltのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Smolt 代表取締役 上野賢氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

D2C(小売り)事業の商品開発やマーケティング予算、養殖の種苗(稚魚)の研究開発、人材採用が主な目的となります。

・今後の展望を教えてください。

国内における百貨店などリアル店舗でつきみいくら・本桜鱒を提供できる場を増やしていくこと、ECでの販路拡大、海外での同商品テストマーケティング、桜鱒の養殖パートナー(稚魚の提供)を増やしていくことを目指しています。

・読者へのメッセージをお願いします。

Smoltは100年先もおいしい魚を楽しめる世界を目指し活動しています。

魚本来の美しさやおいしさ、生き方を大切にすることにこだわり本桜鱒を育てています。

ぜひ私たちの育てた本桜鱒とつきみいくらをお手に取り、この思いを感じていただければ幸いです。

研究開発や事業の拡大には資金調達が非常に重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ D2C Smolt いくら サクラマス つきみいくら ブランド 大学発ベンチャー 循環 本桜鱒 株式会社 水産養殖 資金調達 養殖
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「創業手帳」による頭と感情を整理するためのセミナー「朝活 ~頭と心の体操~」が開催 11/13
創業手帳株式会社は「朝活 ~頭と心の体操~」を2020年11月13日(金)に開催することを発表しました。 「朝活 ~頭と心の体操~」は、1分ごとに自分の感情や目標を書き出したり、他人に話をすることで、…
「TWO」と「カゴメ」が提携しプラントベースド・フード・ブランド「2foods」を立ち上げ
2021年4月15日、株式会社TWOは、カゴメ株式会社と包括業務提携契約を締結したことを発表しました。 TWOは、心身共に満たされるだけでなく、社会にも配慮した“真の健康”をテーマとし、相反する2つを…
AIを用いたケアマネジメント支援サービス「SOIN」が業務支援システム「ほのぼのNEXT」と連携
2020年12月7日、株式会社シーディーアイは、エヌ・デーソフトウェア株式会社の「ほのぼのNEXT」の「在宅ケアマネジメント基本システム(AI)」に、「SOIN(そわん)」の提供を開始したことを発表し…
ゲーム・マシン・レンタルの「ミダスエンターテイメント」が5,000万円調達
2020年7月31日、、株式会社ミダスエンターテイメントは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アミューズメント施設へのゲーム・マシンのレンタル事業や、オンライン・クレーン・ゲ…
クラウドサービスの導入・運用やDXコンサルティング事業を展開する「ウフル」と「電通国際情報サービス(ISID)」が資本・業務提携
2022年11月25日、株式会社ウフルは、株式会社電通国際情報サービスと、資本・業務提携契約を締結したことを発表しました。 ウフルは、自社サービス群「CUBE 01」を活用しながら、各地の観光分野のD…

大久保の視点

優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】