注目のスタートアップ

SaaSのインテグレーション開発を支援する「Datable」が2.25億円調達

company

2022年9月14日、株式会社Datableは、総額2億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、「datable(データブル)」の正式リリースも併せて発表しています。

「datable」は、自社プロダクトと​​SFA/CRMなど複数のツールを簡単に連携させ、スムーズな運用を実現するサービスです、

自社プロダクトに導入することで、今まで応えられなかったユーザー企業のインテグレーションニーズに柔軟に応えることが可能となり、幅広い顧客層を開拓できます。

また、ツールの提供だけでなく、連携仕様の策定・設定・運用のサポートをワンストップで提供しています。

今回の資金は、プロダクト開発、採用・組織体制の強化に充当する予定です。

SaaS(Software as a Service)とは、クラウド上にあるソフトウェアをインターネット経由で利用できるサービスのことです。

インターネット環境さえあればWebブラウザからログインするだけで利用できる、保守・管理が不要、月額制であるため初期費用を抑えられるといった特徴があります。

SaaSはひとつの業務に特化したサービスが多いため、企業では目的に応じて複数のSaaSを導入することになります。

それぞれのSaaSは独立してますが、他のサービスとデータを連携させたいというニーズがあるため、多くのSaaSではシナジーの高い他社サービスや有名サービスとの連携(インテグレーション)機能を搭載しています。

「datable」は、こうしたSaaSの連携機能を簡単に実装するためのサービスです。

より多くの他社サービスとの連携を実現できれば、競合SaaSとの差別化を図れるほか、より多くの顧客企業に利便性を提供できます。

株式会社Datableのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Datableよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

調達した資金は、プロダクト開発および採用・組織体制の強化にあてる予定です

・今後の展望を教えてください。

当社は今後、“SaaS企業のためのSaaS(SaaS for SaaS)”として、SaaS企業のインテグレーション開発や、運用業務の利便性向上に向けた機能開発を強化するとともに、SaaS企業の先のユーザー企業に向けた様々な機能も提供していきます。

SaaSの導入がますます加速する中で、SaaS間のインテグレーションの重要性が高まっています。しかし、インテグレーションニーズの多様化から、自社で全てのニーズを満たすことは難しいという課題があります。当社はこの課題を解決することで、国内のSaaSの導入を加速させ、業務効率や生産性が高まる世の中の実現に貢献していきます。

SaaSはオンプレミス型と違って導入に高いコストやシステムの構築などを必要としません。そのためコスト面で課題のあるスタートアップや中小企業においても、必要とするシステムを導入できます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CRM Datable SaaS SFA インテグレーション データブル 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

金融教育イベント「キッズフリマ」を企画・運営する「HONEYTHING」が「ワイズインテグレーション」と業務提携
2022年8月12日、株式会社HONEYTHINGは、株式会社ワイズインテグレーションと業務提携契約を締結したことを発表しました。 HONEYTHINGは、金融教育イベント「キッズフリマ」を企画・運営…
クラウド型受発注ソフト「建設PAD」提供の「KPtechnologies」が5,200万円調達
2022年3月2日、株式会社KPtechnologoesは、総額5,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 建設業界向けクラウド型受発注ソフト「建設PAD」を開発・提供しています。 契約書…
研究開発や予防医学と運動を複合的に提供するフィットネスジムを展開する「ORKAホールディングス」が資金調達
2022年6月10日、ORKAホールディングス株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ORKAホールディングスは、「運動介入によるホルモン増加の報告」「発育期の運動が身体発育に及ぼす影響」…
猫向けIoTトイレ「toletta」提供の「ハチたま」が2億円超調達
2019年12月25日、株式会社ハチたまは、総額2億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートねこトイレ「toletta(トレッタ)」を開発・提供しています。 自動で猫の健康データを取得し…
遺伝子検査「GeneLife」を展開する「ジェネシスヘルスケア」が「日本電信電話(NTT)」と資本業務パートナシップ契約を締結
2022年8月8日、ジェネシスヘルスケア株式会社は、日本電信電話株式会社(NTT)と、資本業務パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。 ジェネシスヘルスケアは、一般消費者向けの遺伝子検査「G…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ