注目のスタートアップ

ノーコードNFT作成プラットフォーム「NFT Garden」を開発する「Connectiv」が5,000万円調達

company

2022年9月9日、Connectiv株式会社は、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Connectivは、クリエイターやコンテンツホルダー向けのNFT作成プラットフォーム「NFT Garden」を開発しています。

自身のコンテンツをノーコード、もしくはAPI経由でNFT化できることを特徴としています。

2022年9月現在、β版をリリースしています。

NFTの作成やNFTマーケットプレイス「OpenSea」への出品など、すべての機能を無料で利用できます。

今回の資金は、「NFT Garden」の開発や、マーケティング体制の強化に充当します。

デジタルデータはコピーや改竄が簡単にできるため、デジタルな音楽ファイルや電子書籍を販売するためには、海賊版の流通をなくすため、コピーや改竄を防止するようなプロテクト技術や専用のプラットフォーム/アプリが必要です。

一方でこうしたプロテクトなどを突破する技術は日々更新されており、海賊版とのいたちごっこが続いています。

また、資金を持つ企業はプロテクト技術の運用や法的紛争などが可能ですが、個人や小規模な企業の場合は、コストの問題からデジタルコンテンツの不正な流通を黙って見過ごすしかないこともあります。

この課題解決のために注目されているのがNFTです。

NFT(Non-Fungible Token, 非代替性トークン)とは、ブロックチェーン技術を活用することで、改竄されていないことや個人が所有していることを証明する証明書のようなデータが記録されたデジタルデータのことです。

ブロックチェーンは取引を適切に記録しておくための分散型のデータベース技術であり、あるデータが生まれてから誰かの手にわたるまでのすべての取引を追跡することが可能であり、これを活用することでNFTはデジタルデータの真正性を担保できます。

NFTはデジタルコンテンツの健全な流通を実現できるため、将来的に多くのデジタルコンテンツはNFT化されると考えられています。

一方で、NFTはまだはじまったばかりの市場であるため、販売・流通のためのプラットフォームなどが洗練されておらず、さらに暗号資産が必要となることから、複雑なサービスになってしまうことが課題となっています。

使いやすいプラットフォームを実現するため、さまざまなプレイヤーがNFT作成サービスやNFTマーケットプレイスなどの構築に挑んでいます。

Connectiv株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Connectiv株式会社 代表取締役 石井裕希氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

当社のNoCode NFT作成プラットフォーム「NFT Garden」の開発及びマーケティング体制の強化のための資金調達です。

・今後の展望を教えてください。

現状のサービスをベースに、さらに、対応ブロックチェーン/対応ウォレット/対応マーケットプレイスの拡充、およびNFT作成機能、 NFT管理機能の強化を行なっていきます。

また、現在は国内ユーザーが中心ですが、プラットフォームのリニューアルを行なった上で海外展開を進めます。さらに、ブロックチェーンインフラのSaaS提供も計画しており、その普及と浸透によって「NFT Garden」が全世界で利用され、NFTやWeb3が当たり前な社会の実現を目指しています。

・読者へのメッセージをお願いします。

マスメディアを中心に、NFTはここ最近盛り上がりを見せておりますが、「難しそう」「よく分からない」などNFTへの理解が進まないまま、ハードルを感じている方も少なくありません。「NFT Garden」を利用いただく事で、日本語ベースで、誰でも簡単にNFTを作成する事ができます。ぜひ、ユーザー登録をして頂き、NFT作成を体験してみてください。

ブロックチェーンやAIなどの最新技術を活用したプロダクトの開発は、時代をリードできます。しかしこれらの技術は専門知識を必要とするため、優秀な人材を獲得する必要があります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ API Connectiv NFT クリエイター コンテンツ ノーコード プラットフォーム マーケットプレイス 作成 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

最先端の創薬プラットフォームを駆使したネットワーク型創薬ベンチャーの「モジュラス」が23.4億円調達
2022年3月1日、モジュラス株式会社は、総額23億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 バイオロジーについての知見、最先端の計算科学を駆使した創薬プラットフォーム、グローバルなネッ…
子供向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN」を運営の「ハグカム」が資金調達
2021年3月9日、株式会社ハグカムは、資金調達を実施したことを発表しました。 子供向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN」を運営しています。 独自のレッスン・メソッドである「夢中メソ…
蚕専門の昆虫食スタートアップ「エリー」が第1弾商品「SILKFOOD チップス」を販売開始
2021年7月9日、エリー株式会社は、「SILKFOOD チップス」を自社ECショップで販売開始したことを発表しました。 エリーは、蚕専門の昆虫食スタートアップとして、養蚕や、原料の開発販売、商品開発…
ストレス可視化サービス「マインドスケール」提供の「Yume Cloud Japan」が資金調達
2022年7月7日、株式会社Yume Cloud Japanは、資金調達を実施したことを発表しました。 ストレス可視化サービス「マインドスケール」を開発・提供しています。 問診形式により得られる自覚デ…
スマートホームカメラ「ATOM Cam」において動体を検知して自動録画しクラウドに保存する新サービスが導入
2021年3月24日、アトムテック株式会社は、「ATOM Cam(アトムカム)」において、「クラウドモーション検知 “無制限” 録画サービス」を開発導入することを発表しました。提供開始は2021年3月…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ