注目のスタートアップ

業務システム開発基盤「Tailor Platform」を提供する「テイラー」が5.7億円調達

company

2022年9月6日、テイラー株式会社は、総額約5億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

テイラーは、大企業向けのモダンな業務システム開発基盤「Tailor Platform」を開発・提供しています。

さまざまな業務システムで共通するバックエンド機能をAPIとして提供することで、企業は自社が求める機能のうち個別にカスタマイズが必要な部分を開発するだけで、業務システムをスピーディに構築できます。

システムの裏側の仕組みを透明化し、エンジニア以外でもシステムの構造を理解した上でプロダクト開発に参加できる世界をつくることを目指しています。

今回の資金は、「Tailor Platform」の強化、採用をはじめとした組織力の強化に充当する予定です。

企業の業務システム・基幹システムのことをERPといいます。

ERP(enterprise resource planning)とは、企業内にある情報・リソースを一元管理し、適切に活用する考え方のことであり、これを実現するシステムのこともERPと呼びます。

さまざまな情報・リソースを一元管理するものであるため、実質的に企業の基幹システムとして運用されています。

大企業のERPは必要に応じてカスタマイズされ、肥大化しているケースが多く、これがDX(デジタルトランスフォーメーション)の足枷となっているといわれています。

肥大化したERPは、メンテナンスが困難になる、日常的に不具合が発生しやすい、新たなカスタマイズにコストがかかる、システムの全面刷新が困難になるといった課題を抱えています。

近年はSaaSを導入する大企業も増えてきましたが、従来のERPではこのSaaSとの連携が上手くいかないケースもあり、データの分断が生じてしまいます。そのためモダンなERPの構築が必要となっています。

大きな組織ではすでに利用しているシステムがあり、それを変更することには大きな労力が伴います。しかし創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを好きなように導入できます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ERP Headless ERP Tailor Platform プラットフォーム ヘッドレスERP ローコード 基幹システム 業務システム 開発基盤
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

CtoCビジネスに必要な機能を提供するプラットフォーム「C2Cプラットフォーム」を展開する「C2C Platform」が5億円調達
2022年8月17日、C2C Platform株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 C2C Platformは、ダイレクトマッチング事業(CtoCマッチングサービスなど)を…
「青山芸術」が案件・作業ごとに建築家がタッグを組める設計事務所向けプラットフォーム「architag」をリリース
2021年11月26日、株式会社青山芸術は、「architag(アーキタッグ)」を提供開始したことを発表しました。 「architag」は、案件・作業ごとに建築家がタッグを組むことで設計事務所の新しい…
学習管理SNSなど提供の「スタディプラス」が7億円調達
2020年1月20日、スタディプラス株式会社は、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 学習管理SNS「Studyplus」や、教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus…
経営支援引継ぎを支援するWebメディアプラットフォーム「ツグナラ」運営の「サクシード」が「埼玉縣信用金庫」と業務提携
2022年6月17日、株式会社サクシードは、埼玉縣信用金庫と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 サクシードは、地域特化型M&Aや経営支援引継ぎを支援するWebメディアプラットフォーム「ツグナ…
ハウスクリーニングや修理・手入れのプロとユーザーをつなぐプラットフォーム運営の「ユアマイスター」が23億円調達
2022年1月6日、ユアマイスター株式会社は、総額約23億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ハウスクリーニングや修理・手入れのプロフェッショナルとユーザーをマッチングするECプラットフォーム…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ