注目のスタートアップ

医薬品情報プラットフォームを開発する「MediFrame」が8,000万円調達

company

2022年4月5日、株式会社MediFrameは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

MediFrameは、医薬品情報プラットフォーム「MediFrame」を開発しています。

薬局・薬剤師によるがんや希少疾患の服薬管理の課題を解決するため、患者・薬局・病院の3者をつなぎ、薬剤師が患者を定期的にモニタリングし、その結果を病院にフィードバックする環境を構築することを目指しています。

適切な服薬管理を実現することで、患者の生存期間を延ばすこと、治癒に向かう患者を増やすこと、薬剤師のかかりつけ薬剤師としての役割を支援することを目的としています。

2022年4月現在、「MediFrame」のローンチに向けた準備を進めています。

今回の資金は、医療系のバックグラウンドを持つ人材やエンジニア人材の採用強化、組織体制の整備に充当されます。

創薬の分野では新たなイノベーションが起こり、がんや希少疾患に対する新薬が登場しています。一方で、薬の専門性が上がったことにより、医師でも知らない薬がたくさんあるような状況になっています。専門的な薬はそれが適用される事例も少なく、医師が経験を積む機会がないため、医師にとっては大きな負担となっています。

在宅での抗がん剤治療では、往診時に医師が薬の副作用や服薬中の生活に関するヒアリングを行います。しかし知識の乏しい薬の場合、このヒアリングがうまくいかず、不適切な減薬・投薬の中止などが起こってしまいます。

また、政府は在宅治療を推進していますが、服薬指導・管理の課題や医師の人手不足が大きな課題となっています。そのため、薬に関する専門的な知識を持つ薬剤師・薬局が医療の一翼を担えるような環境の構築が必要となっているのです。

このような観点から、薬剤師・薬局に向けた様々なプラットフォームやサービスが開発・提供されはじめています。

「MediFrame」は、抗がん剤や希少疾患に対する医薬品など、最新で専門性の高い情報をカバーすることを特徴とする医薬品情報プラットフォームです。これにより、患者・薬局・病院、そして製薬企業もつなぐことで、医薬品治療の環境を変革することを目指しています、

創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ MediFrame がん プラットフォーム モニタリング 医薬品 情報 服薬 服薬管理 株式会社 薬剤師 薬局 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

現代アートのECサイト運営の「TRiCERA」が1.15億円調達
2021年2月3日、株式会社TRiCERAは、総額1億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 現代アートのECサイト「TRiCERA.NET」や、ワン・ストップ・サービス型アート・スペ…
「H.I.S. Impact Finance」が「あおぞら銀行」と上限50億円の融資コミットメント契約を締結
2020年1月7日、​H.I.S. Impact Finance株式会社は、株式会社あおぞら銀行と、50億円を上限とする融資コミットメントライン契約を締結したことを発表しました。 H.I.S. Imp…
与信プラットフォーム「Credit as a Service」展開の「Crezit Holdings」が6.5億円調達
2022年2月24日、Crezit Holdings株式会社は、総額6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 消費者信用事業(貸金・割賦販売など)に参入したい企業に対し、金融サービス…
高齢者の転倒による骨折を減らす転んだ際に柔らかくなるマット「ころやわ」提供の「Magic Shilds」が1.4億円調達
2021年11月5日、株式会社Magic Shieldsは、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 歩いているときの硬さと、転んだときの衝撃吸収性を両立した置き床である「ころや…
デジタル・クリエイティブ・スタジオ「Sun Asterisk」が10億円調達
2019年12月4日、株式会社Sun Asteriskは、約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、農林中央金庫です。 Sun Asteriskは、国内外に総勢1,500名のエンジ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ