​ウェブインバウンド・越境EC支援の「ジグザグ」がECサイト構築プラットフォーム展開の「ecbeing」と業務提携

tips

2022年8月18日、株式会社ジグザグは、株式会社ecbeingと、業務提携契約を締結したことを発表しました。

また、「ecbeing」とのサービス連携を開始したことも併せて発表しています。

ジグザグは、ECサイトにJavaScriptタグを1行追加することで、世界228か国・地域への海外販売対応を実現する「WorldShopping BIZ」を開発・運営しています。

購入代行・海外梱包・配送・輸出インボイス作成・多言語カスタマーサポート・多言語入力フォーム・海外決済・不正決済防止・商標保険といったサービスを提供しています。

ecbeingは、ECサイト構築プラットフォーム「ecbeing(イーシービーイング)」を開発・運営しています。

「WorldShopping BIZ」と「ecbeing」の連携により、「WorldShopping BIZ for ecbeing」として、マーケットを拡大したい国内EC事業者と日本の商品を買いたい海外ユーザーが、よりシームレスにつながり、日本の商品を手軽に購入・販売することが可能になります。

越境ECとは、インターネットを介し、海外の顧客に向けて商品・サービスを販売するサイトのことです。

経済産業省が公表している「令和3年度デジタル取引環境整備事業(電子商取引に関する市場調査)」によると、2021年に中国消費者が日本事業者から購入した額は2兆1,382億円(前年比9.7%増)、米国消費者が日本事業者から購入した額は1兆2,224億円(前年比25.7%)となっており、年々増加傾向にあります。

国内のBtoC-ECの市場規模は、物販・サービス・デジタル分野を合わせて20兆6,950億円であるため、中国からの購入は約1/6、米国からの購入は約1/10の規模となります。

また国内の市場規模は物販分野に限ると13兆2,865億円であるため、越境ECはさらに大きなマーケットであることがわかります。

そのため、越境ECに参入できれば海外からの大きな需要も獲得できる可能性があります。

一方で越境ECには国内ECにはない注意点がいくつかあります。多言語対応・決済方法の充実はもちろんですが、国によって法律が違うこと、目的の国の市場の分析が必要なことなどに注意が必要です。

そのため海外の状況に詳しくない事業者が越境ECに取り組むためには、海外の市場に詳しい事業者などによる越境EC支援を受けることが重要です。

ECはコロナ禍において販路開拓や販路拡大のための重要なチャネルとなりました。一方でECにはEC独自の集客ノウハウが存在します。「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットでの集客ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ EC ecbeing ECサイト WorldShopping BIZ インバウンド ジグザグ ネットショップ プラットフォーム 株式会社 業務提携 構築 海外対応 翻訳 越境EC
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

3Dインテリア・コーディネート・サービス「KAREN」の運営元が資金調達
2019年1月16日、株式会社ASHBERYは、資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン型インテリア・コーディネート・サービス「KAREN(カレン)」を運営しています。 プロのインテリア・コ…
ビューティー特化の動画メディア運営の「DINETTE」が資金調達
2019年7月16日、DINETTE株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ビューティー特化型動画メディア「DINETTE(ディネット)」と、コスメのプライべート・ブランド「PHOEBE …
EC事業者向け送り状発行SaaSの「Ship&co」の運営元が1億円調達!
平成30年1月16日、株式会社BERTRANDは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 BERTRANDは、複数運送会社/ECプラットフォームに対応する送り状発行SaaS「Ship&…
IT分野における実行支援を中心としたコンサルティングやシステム開発などを展開する「Trigger」が「NSD」からの出資受け入れ
2022年10月3日、Trigger株式会社は、株式会社NSDからの出資を受け入れたことを発表しました。 Triggerは、IT分野における実行支援を中心としたコンサルティング、システム開発、運用サポ…
Z世代向けマーケティング事業展開の「uzumaki creative」が3,000万円調達 NFTアートプロジェクト「AR Mask Club」を発表
2022年3月2日、株式会社uzumaki creativeは、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、NFTアートプロジェクト「AR Mask Club」も併せて発表しま…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ