小売業界のDXを推進する「フェズ」が6.3億円調達

2020年8月25日、株式会社フェズは総額約6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

店舗での売上が本質的に上がるビジネス・モデルの構築や、データ分析からアクションの提示、アクションの実行までを一気通貫で行えるプラットフォーム「Urumo(ウルモ)」を開発しています。

具体的には、誰がいつどの広告を見てなにを買ったかのデジタル分析を、現場の誰もが使える仕組みとして構築することで、消費者に適切な情報や売り場を提供することが可能となります。

これまでドラッグ・ストア市場においてマーケティング・テストを行っています。

小売業界はいくつもの課題を抱えています。まず、国内市場の縮小が挙げられます。今後、総人口の減少にともなって顧客数が減っていくことが予想されています。

また、インターネットの普及により、消費の中心がインターネットになったことも挙げられます。これにより、リアル店舗で商品の現物を確認したあと、ネット通販で購入する消費者が多くなりました。

そのため、消費者のニーズを的確に捉え効率的にアプローチすることや、業務の効率化を図ること、新たなビジネス・モデルの構築などが必要となってくるでしょう。

プロダクトを開発したあとは販売のことを考えなくてはなりません。「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットを活用したマーケティングについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DX Urumo ウルモ データ フェス プラットフォーム マーケティング 分析 売上 小売 店舗 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ