注目のスタートアップ

廃棄物処理業務を効率化するクラウドサービス「CBA-wellfest」を提供する「CBA」が2.3億円調達

company

2022年8月22日、株式会社CBAは、総額2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

CBAは、廃棄物処理業務を効率化するクラウドサービス「CBA-wellfest」を開発・提供しています。

産業廃棄物・一般廃棄物・有価物の総合管理、紙マニフェスト・電子マニフェストの管理、許可証の期限管理、組織管理、スケジュール・進捗管理などの機能により、製造業などにおける廃棄物処理業務の効率化を実現します。

今回の資金は、各種サービスの開発・運用体制の強化、企業としての体制強化に充当します。

廃棄物は産業廃棄物と一般廃棄物に大別されます。産業廃棄物とは事業活動によって生じる特定の廃棄物のことで、一般廃棄物はそれ以外の廃棄物のことです。

2019年度の産業廃棄物の総排出量は3億8,596万トン、一般廃棄物の総排出量は4,274万トンであるため、産業廃棄物のほうが圧倒的に多く排出されていることがわかります。

産業廃棄物は家庭のゴミと違い、排出した事業者に処理責任があることが特徴です。

産業廃棄物は自治体が保有する一般廃棄物用の処理施設で処理することはできないため、産業廃棄物処理の許可を得た産業廃棄物処理事業者に委託する必要があります。

また、処理業者に委託する際には、廃棄物の処理の流れを把握するため、産業廃棄物管理票(マニフェスト)を使用することが法律で義務づけられています。これは不法投棄などを防止し、適切に処理されたことを明確にするためです。

SDGs(持続可能な開発目標)の推進により、環境負荷が大きな廃棄物処理についても、なるべく廃棄物の排出を減らすような取り組みや、排出された廃棄物をリサイクルする取り組みが実施されています。

一方で、企業における廃棄物処理業務にあたっては、マニフェストの作成・管理や、廃棄物の集計などさまざまな負担がかかっており、ここからさらに環境に配慮した処理方法を検討するほどのリソースが残っていないことが課題となっています。

国内では産業廃棄物の半数以上がサーマルリサイクルという、廃棄物を焼却する際に発生する熱エネルギーを回収し、発電などに利用するリサイクルで処理されています。

このサーマルリサイクルは欧米ではリサイクルとして認識されていません。燃やしてしまえば再び利用できなくなってしまうこと、CO2を排出してしまうことなどの課題があるからです。熱回収は、埋め立て・単純焼却の次の優先度であり、リサイクルの最終手段ともいわれています。

そのため廃棄物を新たな製品の原料として再利用する、つまり物から物へと直接リサイクルするものである、マテリアルリサイクルが推進されています。

マテリアルリサイクルを適切に実施するためには、企業で廃棄物を分別・選別するための仕組みが必要となります。

こういった背景から、企業での廃棄物処理業務を効率化するニーズが急激に高まっています。

効率化は多くの業界で重要な課題となっています。古いシステムを使っている企業・組織はデジタル化に苦しんでいるところもありますが、創業期はなにも導入されていない状態であるため、好きなように最新のシステムを導入することができます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CBA CBA-wellfest クラウド マニフェスト リサイクル 効率化 廃棄物処理 廃棄物処理業務 環境 産業廃棄物 産業廃棄物管理票
関連記事はこちら

株式会社CBA 宇佐見良人|廃棄物処理プラットフォームの提供事業が注目の企業

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

業務管理プラットフォーム提供の「チームスピリット」がマザーズ上場へ
平成30年7月19日、株式会社チームスピリットは、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場を申請し承認されたことを発表しました。 勤怠管理や、経費精算、カレンダーなどの機能を一箇所に集約した業務管理プラッ…
議事録作成効率化SaaS「One Minutes」提供の「quintet」が3,000万円調達
2021年9月30日、quintet株式会社は、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 議事録作成効率化SaaS「One Minutes」を提供しています。 議事録の作成や共同編…
スタートアップと投資家間のやり取りを効率化するデータ作成・共有プラットフォーム「smartround」を運営する「スマートラウンド」が資金調達
2022年9月6日、株式会社スマートラウンドは、1倍非参加型の優先株式で資金調達を実施したことを発表しました。 スマートラウンドは、スタートアップと投資家間のやり取りを効率化するデータ作成・共有プラッ…
株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」に田所雅之氏が顧問就任
2019年7月2日、株式会社日本クラウドキャピタルは、田所雅之氏が顧問に就任することを発表しました。 日本クラウドキャピタルは、日本初の株式投資型クラウドファンディング・サービス「FUNDINNO(フ…
「DNX Ventures」の3号ファンドに中小機構が40億円を出資
独立行政法人中小企業基盤整備機構は、DNX Venturesが運用する投資事業有限責任組合(3号ファンド)に、40億円を出資することで合意し、組合契約を締結したことを発表しました。 このファンドは、、…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ