注目のスタートアップ

家計簿アプリとプリペイドカードがセットになった支出管理サービス「B/43」提供の「スマートバンク」が20億円調達

company

2022年7月13日、株式会社スマートバンクは、総額20億円の資金調達を実施したことを発表しました。

スマートバンクは、家計簿アプリとプリペイドカードがセットになった支出管理サービス「B/43(ビーヨンサン)」を提供しています。

毎月の予算をプリペイドカードにチャージして買い物で利用することで、アプリに支出の明細がリアルタイムで反映され、簡単に支出管理ができるサービスです。

また、パートナーと家計を共同で管理できる「B/43ペアカード」も提供しています。

今後、小中高生や大学生の子どもと親が共同で支出管理できる親子のカードのリリースを予定しています。

今回の資金は、「B/43ペアカード」の拡大に充当します。

国内では、女性の社会参画が進んだこと、家父長制的な価値観が薄れてきたこと、世帯所得が減少したこと、男女雇用機会均等法の施行などにより女性が働きやすい環境が整いつつあることなどから共働き世帯が増加しています。

1980年時点では、共働き世帯は約600万世帯で専業主婦世帯は約1,100万世帯ありました。

しかし、2021年には共働き世帯は1,257世帯と大幅に増加し、専業主婦世帯は566世帯と約半分へと減少しています。

1980年と比べると共働き世帯と専業主婦世帯の数がほぼ逆転していることとなり、40年で大きく環境が変化したことがわかります。

一方で、今までの社会やサービスは、専業主婦世帯を前提に設計されていたこともあり、共働き世帯がメインとなった現代ではいくつもの課題が顕在化しています。

たとえば、共働き世帯における家計管理の複雑さは大きな問題のひとつです。

共働き世帯では、お互いの収入も違いますし、給与が入ってくるタイミングも違うかもしれません。また自分が使うぶんのお金は自分が稼いだお金から使い、家族のぶんは共用の口座から使うというルールを定めている世帯も多いでしょう。

しかしこの場合、少なくとも3つの口座が必要となり、家族の共有の口座はどちらかが管理することになります。これは管理の負担がどちらか一方に偏ってしまうという問題を生みます。

また共有の口座からお金を払うにしても、まずは立て替えておき、あとで口座から立て替えたぶんを引き出すということも必要となります。

こういった課題を解決するため、共働き世帯の家計管理を効率化してくれる家計簿アプリがいくつもリリースされています。

支出の登録にあたっては、クレジットカードや銀行口座と連携し自動で反映してくれるものもあり、登録の手間が削減されています。

一方で、現金・クレジットカード・キャッシュレス決済など決済方法が多様化している状況では、家計簿アプリにそれらを設定することが面倒となることも多いですし、普段利用する決済サービスに対応していなければその家計簿アプリが使えないということにもなります。

「B/43」は、この課題を解決するため、家計簿アプリと専用のプリペイドカードを紐づけることで、ユーザーに決済方法をプリペイドカードに一元化することを促し、快適な支出管理体験を提供しています。

プリペイドカードやクレジットカードは企業においてもさまざまな役に立つもののひとつです。「冊子版創業手帳」では、法人カードの活用法や、おすすめのカードについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ B/43 アプリ カード キャッシュレス決済 クレジットカード ビーヨンサン プリペイドカード リアルタイム 効率化 子ども 家計簿 株式会社 決済 管理 自動 親子 資金調達 連携 銀行
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

次世代女子に特化した採用マッチング「CAREER BijiN(キャリア美人)」運営の「キャリア美人」が資金調達
2020年6月17日、キャリア美人株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 次世代女子に特化した採用マッチング・サービス「CAREER BijiN(キャリア美人)」を運営しています。 社会で…
デジタルファブリケーション技術を活用した建築設計事業などを手掛ける「VUILD」が1.4億円調達
2022年7月29日、VUILD株式会社は、総額約1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、コクヨ株式会社、小豆島ヘルシーランド株式会社、株式会社スピーディ、野原ホールディ…
「Sansan」があらゆる形式の契約業務をオンライン化する「Contract One」の正式提供を開始
2022年1月13日、Sansan株式会社は、「Contract One(コントラクトワン)」の正式提供を開始したことを発表しました。 「Contract One」は、紙の契約書をクラウドで受領・電子…
「カシワバラ・コーポレーション」が「DRONE PILOT AGENCY」と資本・業務提携へ
2019年8月28日、株式会社カシワバラ・コーポレーションは、DRONE PILOT AGENCY株式会社と、資本・業務提携を行う方向で合意したことを発表しました。 カシワバラ・コーポレーションは、“…
中国アニメ映画の配給などを行う「チームジョイ」が「トムス・エンタテインメント」と資本業務提携
2022年8月2日、チームジョイ株式会社は、株式会社トムス・エンタテインメントと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 チームジョイは、映画の企画・制作・宣伝・配給や、IPの開発・管理・売買・…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ