「ポケットチェンジ」 電子マネー発行プラットフォーム「pokepay」を活用した新決済サービスが「渋谷区デジタル地域通貨プロジェクト」に採択

tips

2022年8月9日、株式会社ポケットチェンジは、「pokepay(ポケペイ)」を活用した新決済サービスを提案し、2022年中に開始予定の「渋谷区デジタル地域通貨プロジェクト」に採択されたことを発表しました。

また、この事業では資本業務提携関係のあるデジタルガレージグループと、株式会社ジェーシービーが提供するNFCタグを活用した非接触型の新決済サービスとのシステム連携を行い、渋谷区デジタル地域通貨向けに最先端の決済サービスを開発します。

また、株式会社カヤックの提供するコミュニティコイン「まちのコイン」との連携を行います。

「渋谷区デジタル地域通貨プロジェクト」は、渋谷区の産業支援・区民生活支援・地域コミュニティ活性化・スマートシティ化などを推進することを目的としたデジタル地域通貨事業です。

キャッシュレス決済アプリ「ハチペイ」と、株式会社カヤックが提供するコミュニティコイン「まちのコイン(ハチポ)」アプリの2種類の通貨アプリを活用します。

ポケットチェンジが提供する「pokepay」は、オリジナルの電子マネーを発行できるプラットフォームです。

ユーザーのスマートフォンだけで決済が完結する完全非接触型の決済サービスであるため、デバイスなどの準備が不要となり、発行者の初期費用を抑えて導入できます。

各事業者のハウスマネーやポイント、自治体などのデジタル地域通貨・地域電子ポイント、店舗・施設・コミュニティのキャッシュレス化として活用できます。

地域通貨とは自治体などが発行する、地域限定で決済手段として利用できる通貨のことです。

地域の消費の促進や相互扶助を目的としており、国内では1990年代後半から2000年代前半に流行しましたが、発行・運用にコストがかかること、コミュニティの運営が難しかったことなどから衰退していきました。

しかし、コロナ禍によってキャッシュレス決済が急速に普及したことで、発行・運用コストの低いデジタル地域通貨を公共事業として展開できるようになり、地域通貨は再び注目を集めています。

デジタル地域通貨の成功例としては、2017年12月から飛騨信用組合が提供をはじめた飛騨高山の「さるぼぼコイン」が有名です。2021年8月31日時点で40億円のコインを販売し、加盟店は1,600店舗を突破、ユーザー数は約2.2万人の規模となっています。

また、デジタル地域通貨はモノと通貨のやり取りだけでなく、行動と通貨・ポイントのやり取りを比較的簡単に実現できることも特徴的です。

たとえば、地域の清掃などのボランティア活動に参加することでポイントが貯まるなどの柔軟な運用ができ、コミュニティの活性化につなげることができます。

社会課題を解決するにはさまざまな企業・自治体との協力が欠かせません。そのため自社とのシナジーが高そうな企業などに積極的にアプローチをかけることが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、人脈を広げるためのネットワークづくりや商工会議所の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ pokepay アプリ キャッシュレス決済 デジタル地域通貨 ハチペイ ハチポ ポケペイ まちのコイン 地域通貨 株式会社 渋谷区 渋谷区デジタル地域通貨プロジェクト
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

コミュニケーション・ロボット開発・提供の「ユカイ工学」が5億円調達
2020年3月5日、ユカイ工学株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家族をつなぐコミュニケーション・ロボット「BOCCO」や、しっぽのついたクッション型セラピー・ロボット「Q…
オンライン自動車プラットフォーム「モタガレ」運営の「MiddleField」が5.8億円調達
2020年10月13日、MiddleField株式会社は、総額5億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 中古車の購入からカー・パーツの購入や取付までをトータル・サポートするオンライン…
ブロックチェーン・プラットフォーム開発の「ToposWare」が1億9,700万円調達
2020年5月11日、株式会社ToposWareは、総額1億9,700万円の資金調達を実施したことを発表しました。 高度な情報セキュリティを求める行政機関・企業・個人に向け、次世代のデータ・プラットフ…
送金アプリ提供の「pring」が会計ソフト提供の「ミロク情報サービス」と資本業務提携
2020年10月15日、株式会社pringは、株式会社ミロク情報サービスと資本業務提携したことを発表しました。 pringは、送金アプリ「pring」や、法人から個人への送金サービス「業務用プリン」、…
ブロックチェーンを活用した新規事業開発支援の「CryptoPie」とブロックチェーン関連サービスの提供などの「CryptoLab」が業務提携
2020年10月20日、株式会社CryptoPieは、株式会社CryptoLabと業務提携契約を締結したことを発表しました。 CryptoPieは、2016年からブロックチェーン業界に携わり、ベンチャ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ