ネットワーク型創薬ベンチャーの「モジュラス」が27.1億円調達

2020年5月13日、モジュラス株式会社は、総額27億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

東京とボストンに拠点を置き、コア・バイオロジーについての知見や、最新の創薬プラットフォーム、グローバルなネットワーク型研究体制を統合し、独自の低分子創薬ポートフォリオと研究開発提携を展開している創薬ベンチャーです。

現在、ガン・慢性の免疫・炎症系疾患・希少疾患などの病気に苦しむ患者に向け、画期的な医薬品を効率的に届けることに注力しています。

今回の資金は、自社の創薬研究プログラムの推進や、プチドリーム社をはじめとする共同研究の推進と拡大、人材獲得を含めたさらなる研究体制の拡充の推進に充当されます。

従来の医薬品開発は大勢の患者に完全な医薬品を提供するため、開発は長期化・大規模化していました。また、開発にも数百億円の資金が必要でした。

しかし現在は技術発展により、特定患者群に向け、より効果の高い医薬品の提供が可能となりました。この革命により、小回りのきくベンチャー企業は創薬において存在感を増してきています。

研究開発型のビジネスは、資金調達が非常に重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ネットワーク型創薬 モジュラス 創薬 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集