注目のスタートアップ

衛星データから地上の構造物を再現した仮想世界を自動生成するAIを開発する「スペースデータ」が14.2億円調達

company

2022年8月3日、株式会社スペースデータは、総額14億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

スペースデータは、衛星データと3DCG技術を活用し、バーチャル空間に現実と瓜二つの仮想世界を自動生成するAIを開発しています。

従来の3D地球儀が苦手とする一人称視点での3Dモデルを自動生成することを得意としており、VRゲーム・映像制作・自動運転・都市開発・防衛防災などへの活用を見込んでいます。

Googleは、世界各地の数百の都市・建物・地形の衛星画像を閲覧できるバーチャル地球儀システム「Google Earth」を提供しています。

「Google Earth」の一部の都市には3Dモデルが実装されており、ジオラマのように自由に閲覧することが可能です。

この3Dモデルの制作はコンピューターによって自動化されています。

一方でこの3Dモデルは衛星写真や航空写真を3Dモデルに貼りつけることで制作されているため、俯瞰的な視点で構造物が再現されており、人間の視点(一人称視点)に近づくほど劣化した表現になっていきます。そのため映像制作やゲームなどでそのまま活用することはできません。

スペースデータはこの課題を解決するAI技術を開発しています。

このAI技術は、人工衛星から取得した地上の静止画像と標高データをもとに地上の構造物を機械学習によって自動で検出・分類・構造化します。そして、建物などの種類・形状・広さ・高さ・色・材質などを分類することで、高精度の3Dモデルを自動で生成するというものです。

ビジネスの大きな成長のためには戦略的な資金調達が必要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるための方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 3DCG 3Dモデル 3D地球儀 AI スペースデータ データ 人工衛星 仮想世界 地球 株式会社 自動生成 衛星 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ピッチ・イベント「earthkey pitch」企画・運営の「アースキー」が「電通」と事業連携 新規事業支援を強化
2021年1月12日、株式会社アースキーは、株式会社電通と事業連携を行うことを発表しました。 アースキーは、DX関連スタートアップによるピッチ・イベント「earthkey pitch」の企画・運営など…
ショッピングSNS「PARTE」運営の「REGALI」が資金調達
2020年3月16日、株式会社REGALIは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Kastane」「Discoat」などを運営する株式会社パルなど、複数のアパレル・ブランドとの連携を開始し…
AR謎解きゲーム『サラと謎のハッカークラブ』運営の「プレティア」が2.8億円調達
2019年7月25日、プレティア株式会社は、総額2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AR謎解きゲームである『サラと謎のハッカークラブ』を運営しています。 渋谷を舞台としており、…
チケット販売・管理システムを展開する「ECBOスクエア」が1.2億円調達
2022年4月4日、株式会社ECBOスクエアは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 直近では、2021年12月6日に総額4億6,000万円の資金調達を実施しています。 EC…
産業廃棄物回収の配車計画を自動作成するSaaS「配車頭」提供の「ファンファーレ」が1.5億円調達
2021年9月21日、ファンファーレ株式会社は、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIにより産業廃棄物の収集運搬のための配車計画を自動作成するSaaS「配車頭」を提供して…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ