社内向け情報共有サービス「Qiita Team」 グループ機能の活用を促進する新UIを正式公開

tips

2022年6月17日、Qiita株式会社は、提供する「Qiita Team(キータチーム)」において、2022年6月16日(木)から新たなUIを正式版として公開したことを発表しました。

「Qiita Team」は、社内向け情報共有サービスです。

企業・チーム内の情報をクラウドでスムーズに共有できるサービスです。

日報・議事録・手順書・マニュアルなど、社内の情報共有を効率化します。

今回のUIアップデートの目的は、情報を分類しながら蓄積できる機能であるグループ機能の活用促進です。

新UIにより、「記事検索」「情報の管理」「ナレッジ蓄積」における利便性が向上しています。

Qiitaはほかに、エンジニアに関する知識を記録・共有するためのエンジニアコミュニティサービス「Qiita」を運営しています。

ナレッジ(組織にとって有益な知識・経験・ノウハウなど)の共有は、組織にとって大切なことです。

もしナレッジが共有できていないと、企業・組織においてさまざまな問題や損失が発生してしまいます。

たとえば、ノウハウを持った人材が退職してしまえばノウハウが失われてしまいますし、過去にやったはずの仕事の情報が共有されていなければまた新たに調べることになってしまいます。

こういった問題を生じさせないようにする仕組みを構築して経営していくことをナレッジ経営と呼びます。

もちろん普段の業務ではまったく情報共有が行われていないわけではないでしょう。たとえば事業の引き継ぎなどではドキュメントを作成するでしょうし、顧客から送られてきたメールは必要に応じて転送します。

しかしこういった情報は散らばっているため、目当ての情報を探すのは一苦労です。そのため、こうした情報を一元管理し検索できるようにする情報共有サービスを導入し、意識的にナレッジを蓄積・活用していくことが重要なのです。

Qiita株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Qiita株式会社よりコメントが届きました。

・今回の新UIのリリースの目的は何ですか?

「Qiita Team」では「グループ機能」を利用し、情報を分類しながら蓄積することが可能です。今回、グループ機能の活用を起点としたUIへアップデートすることにより、利用ユーザーから要望が多い「記事検索」「情報の管理」「ナレッジ蓄積」における利便性が向上しております。

今までの「Qiita Team」では「グループ機能」の利用が少なく、多くの利用ユーザーが全ての記事を一つの場所で管理していました。
そこでUIをアップデートし、「グループ機能」をよりご利用いただきやすくすることで、テーマ(グループ)ごとの情報整理が促進され、記事が埋もれることを防ぎ、管理・検索が今まで以上に容易になります。

さらに、「グループ機能」を人やプロジェクトの分類だけではなく、スキルや情報カテゴリの分類としてもご利用いただくことで目的別での情報管理が行えるため、ナレッジの蓄積・検索がより便利になります。
プレスリリースから引用)

・今後の展望を教えてください。

管理者の運用コスト削減を目的した新機能や、スムーズにQiita Teamを導入・活用いただけるよう、オンボーディングの強化や機能改善などを行ってまいります。

・読者へのメッセージをお願いします。

エンジニアに関する知識を記録・共有するためのサービス「Qiita」の印象が強く、開発者のみに向けたサービスとらえられがちですが、「Qiita Team」は、職種・業種を問わず多くの方にご利用いただき、「情報をオープンにすることで、コミュニケーションを生み出し、会社を強くする」というビジョンの実現を目指しています。

「Qiita Team」は来期で10周年を迎えます。躍進の年と捉え、より多くの方にご利用いただけるよう邁進してまいります。

創業期はコストの面から、業務効率を向上させるツール・サービスを厳選して導入する必要があります。「冊子版創業手帳」では、創業期に特化した社内システムの構築のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Qiita Qiita Team UI キータチーム クラウド サービス チーム ナレッジ マニュアル 企業 共有 効率化 情報 株式会社 検索 管理 記事 議事録
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマホ向けバッテリー・スタンド運営の「INFORICH」が10億円調達
2020年3月16日、株式会社INFORICHは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマホ充電器のシェアリング・サービス「ChargeSPOT」を運営しています。 駅などに設置され…
「mediLab」が「三菱電機ITソリューションズ」と調剤薬局向けクラウドサービス「mediLab AI」の販売において業務提携
2021年5月10日、株式会社mediLabは、三菱電機ITソリューションズ株式会社と業務提携を開始したことを発表しました。 mediLabは、調剤薬局向けクラウドサービス「mediLab AI」を提…
NFTやDappの開発を通じNFTコンテンツエコシステムの構築を目指す「synschismo」が1,500万円調達
2022年5月10日、synschismo株式会社は、1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 synschismoは、NFTやDapp(分散型アプリケーション)の開発を通じNFTコンテ…
採血のいらない非侵襲血糖値センサー開発の「ライトタッチテクノロジー」が1.2億円調達
2021年7月5日、ライトタッチテクノロジー株式会社は、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 採血をせずに血糖値測定ができる非侵襲血糖値センサーを開発しています。 ライトタッ…
複業マッチング・プラットフォーム運営の「Another works」が1.6億円調達
2021年4月16日、株式会社Another worksは、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 複業マッチング・プラットフォーム「Another works」を運営・開発し…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ