注目のスタートアップ

「シンプルフォーム」が7億円調達 法人調査プロセス自動化クラウド「SimpleCheck」を正式リリース

company

2022年6月15日、シンプルフォーム株式会社は、約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。

これまで非公開であった資金調達ラウンドと金融機関からの借入も合わせると、累計約10億円調達しています。

また、「SimpleCheck(シンプルチェック)」の正式リリースも併せて発表しています。

「SimpleCheck」は、金融エンタープライズ向けの法人調査プロセス自動化クラウド型ソフトウェアです。

法人名を入力するだけで世の中の情報を収集し、シンプルフォームが独自に蓄積・検知したリスク情報と合わせ、30秒でレポートを提供するサービスです。

これにより、煩雑で時間のかかる調査プロセスを効率化し、審査・コンプライアンス水準の高度化に貢献します。

すでに大手金融機関を中心に導入され、主に情報が不足している小規模事業者やスタートアップに対する審査・調査業務で活用されています。

今回の資金は、プロダクト開発の強化や顧客対応の高度化のための人材採用に充当する予定です。

中小企業は大企業と比べて企業の情報開示が限られており、資本市場へのアクセスに限界があります。

そのため中小企業の資金調達には、経営内容を適切に審査し資金を提供する銀行融資が適しています。

しかし、中小企業向けの貸出金の総量については、バブル崩壊後から2000年代中盤にかけ大きく減少しています。大企業については、2008年のリーマンショック時に急激に貸出金が増加し、それから拡大が続いていますが、一方で中小企業についてはリーマンショック後も若干の減少傾向が続き、それからほぼ横ばいで推移しています。

こうした状況の中、金融機関は低金利政策の影響を大きく受け、貸出による利ざやの収益が低下し続けています。収益を確保するために貸出残高の増加に努めていますが、それでも利ざや低下の影響のほうが大きいのです。

さらには新型コロナウイルスの影響によって金融サービスのオンライン化が進むなど、環境も大きく変化しています。

金融機関側としては、より企業にお金が回る仕組みを構築しなければならないのですが、こういったさまざまな影響を受け金融機関のリソースは逼迫しています。

シンプルフォームはこうした課題を抱える金融機関に貢献するため、面倒で複雑な調査プロセスを自動化するサービス「SimpleCheck」を提供しています。

企業の成長には資金調達が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ クラウド プロセス 情報 株式会社 法人 法人調査プロセス 自動化 調査 資金調達 金融 金融機関
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

従業員のための協業促進プラットフォーム開発の「BeaTrust」が3億円調達
2020年8月11日、BeaTrust株式会社は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 従業員同士での協業を促すプラットフォーム「BeaTrust(ビートラスト)」を開発しています。 …
次世代ゲノム解析サービス開発の「Zene」が5,000万円調達
2021年3月8日、株式会社Zeneは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、次世代ゲノム解析サービス「Zene360」をB2B/B2E向けに提供するため、サービス利用の募集を…
スキル・マーケット運営の「ココナラ」が12億円調達
2019年7月10日、株式会社ココナラは、12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、フィデリティ・インターナショナルです。 ココナラは、日本最大級のスキル・マーケット「ココナラ」を運…
がんの根治を目的とした天然型マイクロRNAの核酸医薬を開発する「PURMX Therapeutics」が8.5億円調達
2022年5月31日、株式会社PURMX Therapeuticsは、総額約8億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 PURMX Therapeuticsは、難治性疾患の治療のため、…
B2B向け3Dプリント製造ソリューション提供の「3D Printing Corporation」が1.3億円調達
株式会社3D Printing Corporationは、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 3Dプリンターを活用した製造の総合ソリューションを提供しています。 3Dプリ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ