「第1回 電子化・オンライン化 支援 EXPO」「第1回 テレワーク・在宅勤務 支援 EXPO」「第1回 ニューノーマル オフィス EXPO」 横浜・大阪・オンラインの3会場で開催

odex-telex
2021年6月2日、株式会社イノベントは、「第1回 電子化・オンライン化 支援 EXPO」、「第1回 テレワーク・在宅勤務 支援 EXPO」、「第1回 ニューノーマル オフィス EXPO」を開催することを発表しました。

この展示会には、デジタル化・オンライン化のためのソリューションや、テレワーク推進に必要なサービス、ニューノーマルな環境の構築のための製品を展開する企業約200社が出展します。

開催期間・会場は、2021年6月23日・24日に大阪会場(インテックス大阪)、6月30日・7月1日に横浜会場(パシフィコ横浜)、7月12日~16日にオンライン会場となっています。

リアル会場でも開催されるため、すぐに商談を始められたり、来場者の反応を確かめながら注目の企業・サービスを体感することができます。

来場対象者としては、デジタル化・DX・テレワークを推進する経営者や各部門、国・自治体のデジタル化等部門、DXを推進する議員、申請受付の合理化を目指す準公的機関、教育機関のDX推進担当などを想定しています。

企業による出展だけでなく、会場内の特設ステージにて、行政のCIO(最高情報統括責任者)や業界を牽引する企業の経営陣による基調講演・特別講演が行われます

オープニングリマークスでは、デジタル改革担当大臣の平井卓也氏が登壇するほか、基調講演に内閣情報通信政策監(政府CIO)の三輪昭尚氏や、地方自治体のCIOが登壇するなど豪華な内容となっています。

リアル・オンラインともに、展示会への参加には公式ホームページから来場登録(無料)が必要です。

非接触型の入場システムを採用しており、発行されるQRコードを提示することで展示会に入場することができます。

開催会場、日時

「大阪会場」
日時:2021年6月23日(水)・24日(木)
会場:インテックス大阪 2号館

「横浜会場」
日時:2021年6月30日(水)・7月1日(木)
会場:パシフィコ横浜 Bホール

「オンライン会場」
日時:2021年7月12日(月)~16日(金)
会場:展示会ホームページ内 特設サイト

登壇者情報

「基調講演登壇者」
・内閣官房 内閣情報通信政策監(政府CIO)三輪昭尚氏
・大阪府 CIO 最高情報統括責任者兼スマートシティ戦略部長 坪田知巳氏
・大阪市 CIO(最高情報統括責任者)ICT戦略室長 鶴見一裕氏
・神奈川県 CIO(情報統括責任者)兼CDO(データ統括責任者)江口清貴氏
・横浜市 最高情報統括責任者補佐監(CIO補佐監)福田次郎氏

「特別講演登壇者」
・(公社)日本文書情報マネジメント協会 理事長 勝丸泰志氏
・電子インボイス推進協議会 代表幹事法人 弥生(株)代表取締役社長 岡本浩一郎氏
・「日本の経理をもっと自由にプロジェクト」責任者/(株)ROBOT PAYMENT 執行役員フィナンシャルクラウド事業部長 藤田豪人氏
・総務省 地域情報化アドバイザー/(株)テレワークマネジメント 代表取締役 田澤由利氏
・富士通(株)代表取締役副社長、COO、CTO、(兼)海外リージョン部門長 古田英範氏
・(株)東芝 執行役上席常務 最高デジタル責任者 島田太郎氏
・東芝デジタルソリューションズ(株)取締役 岡田俊輔氏
・日本オラクル(株)取締役 執行役 副社長 最高執行責任者 湊宏司氏
・日本マイクロソフト(株)執行役員 最高技術責任者/マイクロソフトディベロップメント(株)代表取締役 社長 榊原彰氏
・シスコシステムズ(同)執行役員 コラボレーション アーキテクチャ事業担当 石黒圭祐氏
・アマゾンジャパン(同)Amazon ビジネス事業本部 事業本部長 石橋憲人氏
・Zoom 日本法人 代表 佐賀文宣氏
・(株)スカイコム 代表取締役社長 川橋郁夫氏
・(株)サイバーエージェント インターネット広告事業本部 デジタル・ガバメント推進室長兼AI事業本部 GovTech開発センター長 淵之上弘氏

事前登録・来場方法

リアル/オンラインいずれも、「来場登録(無料)」が必要です。

1、公式ホームページより来場登録を行う
2、登録したメールに添付されたQRコードをプリントアウト
3、QRコードをホルダー(バッジ)に入れて来場
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ DX イノベント オンライン オンライン展示会 デジタル化 テレワーク 展示会 株式会社 第1回 テレワーク・在宅勤務 支援 EXPO 第1回 ニューノーマル オフィス EXPO 第1回 電子化・オンライン化 支援 EXPO
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

子供向けSTEAM教材開発の「ワンダーラボ」が2.5億円調達
2020年7月29日、ワンダーラボ株式会社は、2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社小学館です。 ワンダーラボは、STEAM教育領域において、思考力育成アプリ「…
人を生かし育てるリーダーになるためのコーチング習得プログラム運営の「コーチェット」が1億円超調達
2021年1月29日、株式会社コーチェットは、総額1億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 人を生かし育てるリーダーになるためのコーチング習得プログラム「CoachEd」を運営しています。 3…
インクリメンタルの収益やビジネス価値を測定・分析できる「Incrementality」が提供開始
2020年11月11日、AppsFlyer Japan株式会社は、「Incrementality(インクリメンタリティ)」を提供開始することを発表しました。 「Incrementality」は、リマー…
お金のオンライン・チャット相談プラットフォーム「お金の健康診断」など運営の「400F」が2億円調達
2020年12月24日、株式会社400Fは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 お金のオンライン・チャット相談プラットフォーム「お金の健康診断」や、お金の悩み・疑問を解決するWebメデ…
健康管理システム「Carely」を開発・運営の「iCARE」が15億円調達
2020年12月9日、株式会社iCAREは、総額15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 健康管理システム「Carely」を開発・運営しています。 健康診断・ストレスチェック・長時間労働対策と…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ