マンガに特化した機械翻訳技術サービス開発の「Mantra」が8,000万円調達

2020年6月8日、Mantra株式会社は、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

マンガに特化した機械翻訳技術を保有しており、マンガの高速な多言語展開を可能にする法人向けサービス「Mantra Engine」を開発しています。

「Mantra Engine」は、2020年7月の公開を予定しています。

今回の資金は、「Mantra Engine」の基盤技術の研究開発や、人材採用に充当されます。

手書きのフォントや、独特な口語、複雑な文脈など、マンガの翻訳は困難な要素が多くあります。そのため翻訳版の制作までには時間がかかり、多くの海賊版が出回ってしまう状況となっています。

迅速かつ高品質な翻訳が提供できるようになることで、出版社は難しかった海外展開が可能となります。

海外展開は、ビジネスを大きく成長させるチャンスです。「冊子版創業手帳」では、海外展開のはじめ方のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Mantra Mantra Engine マンガ 株式会社 機械翻訳 海外展開 翻訳 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ