SaaS一元管理ツール提供の「メタップス」がマニュアル自動作成ツール提供の「テンダ」と業務提携

tips

2022年6月16日、株式会社メタップスは、株式会社テンダと、業務提携契約を締結したことを発表しました。

メタップスは、SaaS一元管理ツール「メタップスクラウド」を提供しています。

社内のSaaS利用状況やコストなどを把握できる管理機能と、セキュリティリスクを抑えるためのID管理機能を備えています。

テンダは、マニュアル自動作成ソフト「Dojo」を提供しています。

対象のアプリケーションやシステムを操作するだけで自動的に画面をキャプチャすることで、マニュアル作成を大きく効率化するサービスです。

また、わかりやすい操作性によって、誰でも高品質なマニュアルを作成できます。

マニュアル以外にも、eラーニングコンテンツや、シミュレーションコンテンツの作成にも活用できます。

今回の提携により、「メタップスクラウド」と「Dojo」を併せた提案が可能となります。

また、両社の製品・強みを活かした協業・サービス展開として、両社合同のWebセミナーなどのイベントも計画しています。

SaaS(Software as a Service)とは、ソフトウェアサービスをインターネット経由で利用するサービスのことです。

ネット環境さえあれば、ブラウザからいつでもどこでもアクセスできるという利便性や、オンプレミス型と違って初期費用や更新費用がかからないことから多くの組織に普及しています。

一方で、SaaSは目的に応じて複数導入することになるため、どんどんと管理が複雑になっていきます。

SaaSの利用にはIDとパスワードが必要となるためこれを管理しなくてはいけませんし、契約状況・利用料金なども管理する必要があります。そこで活用できるのがSaaS一元管理ツールです。

また、新たなSaaSの導入にあたっては、社員への使い方の周知が必要となります。マニュアルを作成する企業も多いでしょう。

しかしマニュアル作成は思った以上に大変な作業であるため、SaaSの利用が増えている組織ではマニュアル作成ツールなどを活用することも必要かもしれません。

デジタル時代において企業を成長させるためには、SaaSなどを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Dojo SaaS ツール テンダ マニュアル メタップス メタップスクラウド 一元管理 作成 株式会社 業務提携 自動
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AI技術を用いた高精度・早期診断対応のインフルエンザ検査法開発の「アイリス」が資金調達
2020年8月6日、アイリス株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 AI技術を用いた高精度・早期診断対応のインフルエンザ検査法を開発しています。 今回の資金は、研究開発の加速や、グローバル…
「10X」が3億円を調達 簡単にネット・スーパーを立ち上げられる「Stailer」をリリース
2020年5月27日、株式会社10Xは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、新事業として、小売・流通事業者向けに開発不要でネット・スーパーを立ち上げられるサービス「Stailer…
音声コミュニケーション・ツール提供の「BONX」が3.1億円調達
2020年4月27日、株式会社BONXは、総額約3億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 法人向けコミュニケーション・アプリ「BONX for BUSINESS」や、ヘッドセット「B…
本人認証と権利移転のプラットフォーム運営の「ビットキー」が39億円調達
2020年1月23日、株式会社ビットキーは、総額39億300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 本人認証と権利移転のプラットフォーム「bitkey platform(ビットキープラットフォー…
完全栄養食品「BASE FOOD」を展開の「ベースフード」が20億円調達
2022年2月23日、ベースフード株式会社は、総額20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 完全栄養食品「BASE FOOD(ベースフード)」を展開しています。 2022年2月現在、完全栄養パ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ