ソースコードマーケットプレイス「PieceX」運営の「ONE ACT」が韓国ICT企業の「HANCOM inSPACE」と資本業務提携

tips

2022年6月13日、株式会社ONE ACTは、HANCOM inSPACE(本社:大韓民国大田広域市儒城区)と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

ONE ACTは、ソースコードマーケットプレイス「PieceX」を開発・運営しています。

検証済みですぐにビジネス利用できるソースコードを売買できるマーケットプレイスです。

購入したソースコードは、そのままもしくは改変して自社のシステムやソフトウェア開発に利用できます。これによりソフトウェア開発の時間やコストを80%以上削減できます。

また、ソースコードを販売する企業は、ソースコードが購入されるたびにくり返し収益が得られる新しいビジネスをはじめられます。

HANCOM inSPACEは、韓国の大手ICT企業HANCOMのグループ企業で、航空宇宙エンジニアリングのAI・分析において高い技術を持っています。

今回の提携により、「PieceX」を韓国市場に共同展開していきます。

ソースコードとは、プログラミング言語によって書かれたプログラムのもととなるテキストファイルのことです。

ソースコードには著作権があるため、ソフトウェア開発において、すでに世の中で利用されている同じ機能を実装したい場合、ソースコードを一から書くことになっています。

「PieceX」は、すでに誰かが作った信頼性の高いソースコードを売買することで、ソフトウェア開発を効率化することを目指すマーケットプレイスです。

また、販売者側にとっても、従来のソースコードの取引ではライセンス(著作権)ごと相手に販売していたため、同じ機能を持つソースコードを別の相手に納品する場合、一からコードを書かなくてはいけません。

「PieceX」は、開発したソースコードのライセンスを持ったまま1対複数に販売できるため、より多くの収益を手にできます。

また個人の開発者だけでなく、企業においても社内に蓄積されたソースコードを販売してリユースすることで新たな収益源を手に入れられます。

株式会社ONE ACTのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ONE ACT 代表取締役 浅野裕亮氏よりコメントが届きました。

・今回の資本業務提携の目的は何ですか?

韓国市場へのPieceXの共同展開です。
韓国も日本同様ITエンジニア不足が社会問題になっており、それを共に解決していきます。

・今後の展望を教えてください。

PieceXによってソースコードをグローバルで流通させることで、世界中の誰もが革新的なサービス開発を行うことができるようになる新しいインフラを創ることです。
そのために現在は英語圏の流通が中心ですが、今回の韓国語を始め、スペイン語やアラビア語、ロシア語といった国々にもローカライズしていこうとしています。

・読者へのメッセージをお願いします。

現在弊社では世界のインフラを創るべくパートナー企業を募集しています。
弊社の目指す世界観に共感して頂ける方々、ぜひ共に世界のインフラを創りましょう。よろしくお願い致します。

創業期はさまざまなリソースが不足しているため、外部のリソースをいかに活用するかが重要です。「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ HANCOM HANCOM inSPACE ONE ACT PieceX システム ソースコード ソフトウェア ビジネス マーケットプレイス 売買 株式会社 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

テナントと店舗物件をマッチングする「テナンタ」が6,000万円調達
2019年11月13日、株式会社テナンタは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 店舗物件を探しているテナントと物件をマッチングするプラットフォーム「テナンタ」を運営しています。…
高高度ガス気球や旅行用気密キャビンを設計・開発する「岩谷技研」が資金調達
2021年10月20日、株式会社岩谷技研は、資金調達を実施したことを発表しました。 これにより、累計調達額は5億3,000万円となりました。 岩谷技研は、高高度ガス気球や、旅行用気密キャビンを設計・開…
「Sansan」があらゆる形式の契約業務をオンライン化する「Contract One」の正式提供を開始
2022年1月13日、Sansan株式会社は、「Contract One(コントラクトワン)」の正式提供を開始したことを発表しました。 「Contract One」は、紙の契約書をクラウドで受領・電子…
コスメブランド「PHOEBE BEAUTY UP」と美容メディアを展開する「DINETTE」が8億円調達
2022年3月30日、DINETTE株式会社は、総額8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 DINETTEは、D2Cコスメブランド「PHOEBE BEAUTY UP」や、美容メディア「DINE…
BtoB企業の新たなコミュニケーション手法を提供する「9seconds」が3.2億円調達
2022年3月24日、9seconds株式会社は、総額3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 9secondsは、見込み顧客とインサイドセールスをワンクリックでつなぐクラウドサービ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ