注目のスタートアップ

医療機関向けスマートフォンサービスを展開する「フロンティア・フィールド」が10億円調達

company

2022年6月8日、株式会社フロンティア・フィールドは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

医療機関のDXを実現するスマートフォンサービス「日病モバイル」を開発・提供しています。

携帯電話会社の設備から医療機関内の設備に専用回線によって直接接続する閉域ネットワーク上で動作するモバイルサービスです。

セキュリティを担保した状態で、ナースコールや電子カルテとの連携、チャット機能、指定したメンバーのみ共有できるカメラ機能、ビデオ通話カンファレンス機能、緊急通報機能を利用することができます。

スマートフォン端末・4G/LTE・5G回線・アプリケーションを包括して提供します。

2022年3月末時点で、全国の19病院に導入されています。2022年12月までに40病院、2024年末までに300病院、60,000回線の導入を計画しています。

今回の資金は、「日病モバイル」のマーケティング活動、新規機能開発、エンジニア人材の採用、新規事業の立ち上げなどに充当します。

スマートフォンが普及し、医療機関でも医療従事者によってモバイル端末が積極的に利用されはじめています。

医療機関でのモバイル端末は、医療従事者間のコミュニケーションや、業務効率化に役立つアプリケーションの利用などで活用されています。

また、医療機関にとっては通信環境の高品質化も大きなことです。画像などデータ量が大きなデータも気軽にやり取りできるようになったため、さらに業務のデジタル化が進むこととなりました。

一方で、医療従事者がスマートフォンによって医療情報を日常的に取り扱ったり、業務に活用するにはセキュリティの課題を解決しなくてはなりません。

医療機関では扱う情報は、個人情報保護法のなかでも、もっとも守らなくてはならない重要な情報のひとつと位置づけられています。

もしこれがハッキング・ウイルス・人為的なミスなどによって流出してしまうと、患者や関係者に大きな損害を与えてしまいます。

また外部からの攻撃によってシステムが使えなくなってしまえば、医療そのものに支障が生じてしまいます。

たとえば、2021年10月には、徳島県つるぎ町立半田病院がサイバー攻撃の被害に遭い、電子カルテや会計などのシステムがダウンし、患者データが利用不可能になりました。これにより急患や新規患者の受け入れ停止や手術の延期などが余儀なくされてしまいました。

こういった医療機関のサイバー攻撃は年々増加しており、医療機関では高度な情報セキュリティ対策が求められています。

適切なセキュリティの構築ができず顧客や社会に損害を与えてしまうと大きな損失となるため、事業活動・成長に必須のものと位置づけて取り組んでいくことが重要です。「冊子版創業手帳」では、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期に実施できるセキュリティ対策について詳しく伺っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DX コミュニケーション サービス スマートフォン セキュリティ ネットワーク モバイル モバイル通信 医療機関 情報セキュリティ対策 携帯電話 株式会社 資金調達 閉域ネットワーク 電子カルテ
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

フィットネス×テックの「LIFE CREATE」が6.3億円調達
2019年9月10日、株式会社LIFE CREATEは、総額6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ホット・ヨガ・スタジオ「loIve(ロイブ)」、サーフ・エクササイズ「Surf …
セカンドホームのサブスクリプションサービス「SANU 2nd Home」展開の「Sanu」が「ケネディクス」から6億円調達
2022年2月22日、株式会社Sanuは、ケネディクス株式会社から約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Sanuは、セカンドホームサブスクリプションサービス「SANU 2nd Home」を…
D2CブランドやD2Cソリューション事業を通じてファッション業界のDXを推進する「Brandit」が資金調達
2021年12月27日、株式会社Branditは、CRGホールディングス株式会社の子会社であるCRGインベストメント株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 Branditは、自社生産…
家族と会話できる防犯ブザー「otta.g」が公益社団法人日本PTA全国協議会推薦商品に認定
2021年6月3日、株式会社ottaは、提供する「otta.g(オッタジー)」が、公益社団法人日本PTA全国協議会推薦商品に認定されたことを発表しました。 「otta.g」は、GPSと音声録音機能を搭…
動画を活用したインフォームドコンセント支援システム「MediOS」提供の「Contrea」が1.4億円調達
2021年11月16日、Contrea株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 動画を活用したインフォームドコンセント支援システム「MediOS (メディオス) 」を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ