注目のスタートアップ

スマート水産養殖の「ウミトロン」が12.2億円調達

company

2022年6月7日、UMITRON PTE. LTD. (所在地: シンガポール)とウミトロン株式会社は、総額12億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ウミトロンは、水産養殖にAI・IoT・衛星リモートセンシングなどを活用した持続可能な水産養殖の実現に取り組んでいます。

以下のサービス・プロダクトを展開しています。
・大規模養殖事業者向け給餌最適化・死魚数推定サービス「UMITRON REMORA」
・エビ養殖向けリアルタイムAI分析ソリューション「UMITRON EAGLE」
・衛星リモートセンシングによる世界中の海洋データを取得できるプラットフォーム「UMITRON PULSE」
・遠隔給餌サービス「UMITRON CELL」
・スマートカメラによる水産養殖保険向けデータサービス「UMITRON EYE」
・リアルタイム魚群食欲判定「UMITRON FAI」
・AIによる自動魚体測定サービス「UMITRON LENS」

今回の資金は、国内の既存事業基盤の強化、「UMITRON REMORA」「UMITRON EAGLE」「UMITRON PULSE」のグローバル展開の強化に充当します。

今後、サーモン養殖の主要市場である北欧や、チリやエビ養殖の主要市場である東南アジアなどに現地法人を設立し、事業展開を加速させていきます。

日本では古くから水産資源は重要な存在でした。しかし近年の海洋環境の変化や外国漁船による漁獲など、さまざまな理由により漁獲量が大幅に減少した水産資源が出てきています。

また、漁業だけでなく水産養殖の生産量についても1988年をピークに減少傾向にあります。一方で近年は水産養殖の高付加価値化と大規模養殖による効率化が進み、徐々にではあるものの産出額が増加してきています。

水産養殖は世界的なトレンドで、1995年から2011年の間に世界の養殖生産金額は3倍以上になりました。

水産養殖がここまで注目されている理由としては、世界的な人口の増加による食料需要の増加と、健康志向による魚食の増加が挙げられます。

また、畜産は環境負荷が高く持続的な畜産が難しいということがわかっていますが、水産養殖は環境負荷が圧倒的に低く、水産物は畜産物に代わるタンパク源としても大きく注目されています。

このことから、水産養殖の生産性を向上させたり、海洋汚染を防ぐためにテクノロジーの活用が強く求められており、水産養殖領域のスタートアップも増えてきているのです。

ウミトロン株式会社のコメント

このニュースを受けまして、ウミトロン株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

AI搭載スマート給餌機「UMITRON CELL」スマート魚体体測システム「UMITRON LENS」など既存サービス・新規サービスの事業基盤強化に加え、海外で生産量が大きくかつ成長している魚種であるサーモン及びエビ養殖向けに提供しているサービスの開発・事業展開を加速させることが大きな目的の一つです。

・今後の展望を教えてください。

AI、IoT技術を活用したプロダクトの開発だけでなく、ウミトロンの技術を活用した養殖魚を「うみとさち」というサステナブルシーフードブランドで販売を開始しており、イオン様など大手量販店でも期間限定販売をされています。

今後、生産現場の課題解決だけでなく、消費者に対して海の資源の問題や養殖魚の魅力、サステナブルシーフードの認知向上や販路多様化にも力を入れていきます。

また、ウミトロンのミッションは「水産養殖を地球に実装する」ことであり、シンガポールに本社を置いています。

今後もサーモン・エビ養殖を皮切りにグローバルに水産養殖の課題解決をリードしたいと思います。

デジタル時代において利益を最大化させるためには、IoTなどのテクノロジーを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI IoT UMITRON ウミトロン グローバル スマート水産養殖 テクノロジー 効率化 東南アジア 株式会社 水産 水産養殖 資金調達 養殖
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

訪問介護・家事・生活支援マッチングサービス「CrowdCare」運営の「クラウドケア」が1.1億円調達
2021年11月3日、株式会社クラウドケアは、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 訪問介護・家事・生活支援マッチングサービス「CrowdCare(クラウドケア)」を運営して…
経済的な支援策をまとめた情報サイト「POTETO コロナ対策特集」のLINE@(β版)がリリース
2020年6月8日、株式会社POTETO Mediaは、「POTETO コロナ対策特集」のLINE@(β版)をリリースしたことを発表しました。 「POTETO コロナ対策特集」は、新型コロナウイルス感…
音声配信プラットフォーム運営の「Radiotalk」が3億円調達
2020年10月19日、Radiotalk株式会社は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 1タップで始められる音声配信プラットフォーム「Radiotalk」を運営しています。 配信者…
フリーランス向け報酬即日払いサービス提供の「yup」と複業募集プラットフォーム運営の「ドゥーファ」が業務提携
2021年3月30日、yup株式会社は、株式会社ドゥーファと業務提携契約を締結したことを発表しました。 yupは、フリーランス向けに報酬即日払いサービス「先払い」を提供しています。 ドゥーファは、複業…
契約書レビューAIのクラウド・サービス「り~が~るチェック」提供の「リセ」が2.15億円調達
2020年11月17日、株式会社リセは、総額2億1,570万円の資金調達を実施したことを発表しました。 少人数法務を支援する契約書AIレビューのクラウド・サービス「り~が~るチェック」を提供しています…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ