「iYell」と「SREホールディングス」による住宅ローンテックサービス「SRE CLOUD × いえーる ダンドリ」が提供開始

tips

2022年6月2日、iYell株式会社は、SREホールディングス株式会社と共同で「SRE CLOUD × いえーる ダンドリ」の提供開始を発表しました。

「SRE CLOUD × いえーる ダンドリ」は、住宅ローン業務を効率化し、住宅購入者に対して最適な住宅ローンの提案を支援する住宅ローンテックサービスです。

専門スタッフが、顧客の条件に基づいて全国の金融機関から最適な住宅ローンをレコメンドするAIを活用し、専用アプリのオンラインチャットなどを用いて相談対応から融資実行までの支援を行うものです。

これにより、住宅・不動産企業の担当者はコア業務に専念できるため、生産性の向上が期待できます。

iYellは、不動産会社向け住宅ローン業務効率化アプリ「いえーる ダンドリ」や、最適な住宅ローンを提案するサービス「住宅ローンの窓口」などを展開しています。

SREホールディングスは、不動産/金融業界を中心にAIソリューション・ツールを提供しています。

住宅を購入したり住宅ローンを借りるには何枚もの書類が必要となります。

住宅購入者はこれらすべてを用意しなくてはなりませんし、それぞれの書類が必要となるタイミングも異なるため、大きな負担がかかっています。

不動産会社としてもその負担は同様です。事務の負担を減らすには事務員などを雇って事務作業を担当してもらえばいいのですが、不動産取引には不動産に関する専門的な知識が必要となるため、不動産の専門家自身が事務作業にあたらなくてはいけないことが課題となっています。

住宅ローン業務は事務作業のなかでも大きな割合を占めているものであり、コア業務に時間を充てたい不動産企業にとって効率化のニーズが高い領域となっています。

iYellは、住宅ローン業務効率化アプリ「いえーる ダンドリ」や、最適な住宅ローンを提案するサービス「住宅ローンの窓口」などを展開し、住宅ローン業務の効率化と、金融機関の集客の支援を行っています。

また、今回発表した「SRE CLOUD × いえーる ダンドリ」の提供により、不動産企業における住宅ローン業務の大幅な効率化を実現し、さらに住宅購入者には最適な住宅ローンの提案を行うことで、顧客満足度の向上も実現していきます。

起業において融資は非常に重要な存在です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、おすすめの融資や申し込む際の注意点など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI iYell SRE CLOUD × いえーる ダンドリ SREホールディングス いえーる ダンドリ サービス レコメンド 住宅 住宅ローン 効率化 株式会社 業務効率化 相談 金融機関 顧客満足度
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「凸版印刷」とP.A.I.(パーソナル人工知能)開発の「オルツ」がデジタル・クローン事業で協業
2021年2月17日、凸版印刷株式会社は、株式会社オルツは、2021年1月に資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 オルツは、私=1人称で語ることができるP.A.I.(パーソナル人工知能)の開…
訪日外国人旅行者向け観光プラットフォームサービスを展開する「WAmazing」が3.7億円調達
2022年12月22日、WAmazing株式会社は、総額約3億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 WAmazingは、訪日外国人旅行者向け観光プラットフォームサービスを展開していま…
SNSの店舗アカウントを一括管理できるクラウドサービス運営の「カンリー」が4.6億円調達
2021年6月1日、株式会社カンリーは、総額約4億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Googleマイビジネスページや、HP、各種SNSアカウントの店舗情報を一括管理できるクラウド…
「SUSHI TOP MARKETING」と「​大日本印刷」がNFTを活用したコンテンツビジネスで業務提携
2022年7月12日、SUSHI TOP MARKETING株式会社は、​大日本印刷株式会社と、業務提携することを発表しました。 SUSHI TOP MARKETINGは、ブロックチェーン上の公開情報…
デザインのみでWebサイトが作れるデザイン・ツール運営の「STUDIO」が1.3億円調達
2019年7月25日、STUDIO株式会社は、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Webサイトのデザイン・公開・運用までをコーディングなしで完結できるデザイン・ツール「S…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ