アパレル製造業向け生産管理クラウド・サービス運営の「patternstorage」が資金調達 β版も併せてリリース

company

2020年10月1日、patternstorage株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

また、「patternstorage」のβ版をリリースしたことも発表しました。

「patternstorage」は、アパレル製造業向け生産管理クラウド・サービスです。

多品種⼩ロット化に伴って急増する業務タスクをサポートすることで、業務効率化と生産性向上を図るものです。

β版では、資材の受発注システムとしての機能を重点的にリリースしています。様々なフォーマットの縫製仕様書をOCRでテキスト化し、資材の発注・管理業務を半自動で行う機能を備えています。

アパレル製造業における生産管理とは、デザインが決定した商品の生産する寮や、素材、価格、納期などの工程をすべて管理する業務です。

アパレル企業の多くは、大量生産・大量販売モデルによって成長してきました。しかし、今回の新型コロナウイルス感染症の流行により、アパレル業界の業績は大幅に悪化しました。嗜好品の大量生産・大量販売モデルのリスクが顕在化したとみてとれます。

そのためアパレル業界がこのさき生き残っていくためには、在庫リスクを低減させるため、受注生産型が理想の形態として挙げられます。しかし、すぐに受注生産型に完全移行することは難しいため、次善の策として、多品種少量・迅速生産対応が考えられます。

多品種少量・迅速生産対応には、細やかな生産管理が必要となるため、「patternstorage」のようなサービスは、大きく存在感を増していくと考えられます。

業務効率化はすべてのビジネスにおいて重要です。創業期はなにもない状態からはじまるため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ patternstorage アパレル クラウド 受発注 株式会社 生産 管理 製造業 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ