注目のスタートアップ

VR映像配信プラットフォーム「Blinky」展開の「アルファコード」が3億円調達

company

2022年6月7日、株式会社アルファコードは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、大日本印刷株式会社などです。

アルファコードは、VR映像配信プラットフォーム「Blinky(ブリンキー)」や、インターネット接続に制限がある環境でも利用できるVR空間「コミュニケーションVR」などの事業を展開しています。

「Blinky」は、ライブ体験をオンライン上で再現することを目指す映像配信プラットフォームです。

スマートフォン、ブラウザ、VRゴーグルなど幅広い環境への対応や、8Kなど高画質への対応、マルチアングル機能などを特徴としています。

引受先の大日本印刷とは資本業務提携契約を締結し、お互いの技術・ノウハウをかけ合わせ、現実空間と仮想空間を連動させた新しい体験の提供を実現する新規事業を創出していきます。

新型コロナウイルス感染症の流行により、ライブエンターテインメント業界は大きなダメージを受けました。

コロナ禍でもライブエンターテインメントを届けるため、YouTubeなどの映像配信プラットフォームを利用したライブの配信などが行われ、多くの視聴者を集めましたが、やはり映像だけではリアル空間でのライブ体験よりも劣ってしまうことは事実です。

そこでオンラインでも優れたライブ体験を提供するため、VR(仮想現実)技術を活用したライブ映像の配信に関する取り組みが進みました。ほかにもVRは、ビジネスにおける大規模商談会などのイベントでも活用され、その可能性に注目が集まっています。

また、旧Facebookは、このVR空間の発展形であるメタバースに注力する姿勢を示し、社名をMetaに変更しました。

メタバースは単純なVR空間ではなく、そこで人びとが生活やコミュニケーション、創作活動を行ったりと、現実空間の代替や第2の現実空間として活動できる空間として構築することを目指しています。

テクノロジーが進化することで、触感フィードバックなども高性能化し、さらに低価格となって普及することになれば、メタバースは人間を身体から開放し、自由な活動を提供することになると考えられています。

最新の技術を活用した事業を展開するには豊富な資金が必要となります。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に役立つ情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Blinky VR XR アルファコード エンターテインメント コミュニケーション プラットフォーム ブリンキー ライブ 体験 動画 大日本印刷 映像 株式会社 空間 資金調達 配信
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

月経・妊活アプリ「flora app」を展開する「Flora」が資金調達
2022年11月14日、Flora株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 Floraは、月経・妊活アプリ「flora app」や、女性の性に関する情報を多様な人びとから得られるイベント「F…
英会話学習特化のメタバース「fondi」が1.7億円調達
2022年7月27日、株式会社fondiは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 fondiは、英会話学習特化のメタバース「fondi」を開発・提供しています。 世界中の英語…
投資先管理ツール「FUNDBOARD」がスタートアップ・データベースと連携
2020年2月17日、株式会社ケップルは、「FUNDBOARD」において、約4,500社の情報を有するケップルスタートアップデータベースとの連携機能をリリースしたことを発表しました。 「FUNDBOA…
デジタルテクノロジーを用いたデザイン思考・手法を学べる設計者向けオンラインプラットフォーム「EMARF CONNECT」がローンチ
2022年6月10日、VUILD株式会社は、「EMARF CONNECT」をローンチしたことを発表しました。 「EMARF CONNECT」は、デジタルテクノロジーを用いたデザイン思考・手法を学び、実…
住宅ローン借り換えサービス提供の「インフィニティエージェント」が住宅ローン「フラット35」を取扱う「FBモーゲージ」
2020年10月8日、株式会社インフィニティエージェントは、FBモーゲージ株式会社と業務提携したことを発表しました。 インフィニティエージェントは、AIを活用した住宅ローン借り換えサービス「住宅ローン…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ