注目のスタートアップ

VR映像配信プラットフォーム「Blinky」展開の「アルファコード」が3億円調達

company

2022年6月7日、株式会社アルファコードは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、大日本印刷株式会社などです。

アルファコードは、VR映像配信プラットフォーム「Blinky(ブリンキー)」や、インターネット接続に制限がある環境でも利用できるVR空間「コミュニケーションVR」などの事業を展開しています。

「Blinky」は、ライブ体験をオンライン上で再現することを目指す映像配信プラットフォームです。

スマートフォン、ブラウザ、VRゴーグルなど幅広い環境への対応や、8Kなど高画質への対応、マルチアングル機能などを特徴としています。

引受先の大日本印刷とは資本業務提携契約を締結し、お互いの技術・ノウハウをかけ合わせ、現実空間と仮想空間を連動させた新しい体験の提供を実現する新規事業を創出していきます。

新型コロナウイルス感染症の流行により、ライブエンターテインメント業界は大きなダメージを受けました。

コロナ禍でもライブエンターテインメントを届けるため、YouTubeなどの映像配信プラットフォームを利用したライブの配信などが行われ、多くの視聴者を集めましたが、やはり映像だけではリアル空間でのライブ体験よりも劣ってしまうことは事実です。

そこでオンラインでも優れたライブ体験を提供するため、VR(仮想現実)技術を活用したライブ映像の配信に関する取り組みが進みました。ほかにもVRは、ビジネスにおける大規模商談会などのイベントでも活用され、その可能性に注目が集まっています。

また、旧Facebookは、このVR空間の発展形であるメタバースに注力する姿勢を示し、社名をMetaに変更しました。

メタバースは単純なVR空間ではなく、そこで人びとが生活やコミュニケーション、創作活動を行ったりと、現実空間の代替や第2の現実空間として活動できる空間として構築することを目指しています。

テクノロジーが進化することで、触感フィードバックなども高性能化し、さらに低価格となって普及することになれば、メタバースは人間を身体から開放し、自由な活動を提供することになると考えられています。

最新の技術を活用した事業を展開するには豊富な資金が必要となります。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に役立つ情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Blinky VR XR アルファコード エンターテインメント コミュニケーション プラットフォーム ブリンキー ライブ 体験 動画 大日本印刷 映像 株式会社 空間 資金調達 配信
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

治験・臨床研究向け文書管理クラウドサービス「Agatha」提供の「アガサ」が3.6億円調達
2021年11月4日、アガサ株式会社は、総額3億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 治験・臨床研究向け文書管理クラウドサービス「Agatha(アガサ)」を提供しています。 医療業界…
ワーク・シェアリング・サービス運営の「タイミー」と近鉄グループの総合人材サービス提供の「Kサポート」が業務提携
2020年10月26日、株式会社タイミーは、株式会社Kサポートと業務提携契約を締結したことを発表しました。 タイミーは、空いた時間に働きたい人と、すぐに人手が欲しい店舗・企業をつなぐワーク・シェアリン…
バーチャル・イベント/バーチャル・ポップアップ・ストア開設サービス「Vrooom」がリリース
2020年12月18日、株式会社UNIVRSは、「Vrooom(ブルーム)」の提供を開始したことを発表しました。 「Vrooom」は、バーチャル・イベントやバーチャル・ポップアップ・ストアを開設できる…
本人認証と権利移転のプラットフォーム運営の「ビットキー」が22億円調達
2019年10月7日、株式会社ビットキーは、総額22億円の資金調達を実施したことを発表しました。 本人認証と権利移転のプラットフォーム「bitkey platform(ビットキープラットフォーム)」を…
eスポーツ大会に特化したプラットフォーム「GameTector」運営の「RIM」が3,500万円調達
2020年6月18日、RIM株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 eスポーツ大会に特会したプラットフォーム「GameTector(ゲームテクター)」を運営しています。 エントリー選手管理…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ