注目のスタートアップ

革新的なカーボン新素材を開発・製造・販売する「3DC」が資金調達

company

2022年5月31日、株式会社3DCは、資金調達を実施したことを発表しました。

また、「研究開発型スタートアップ支援事業/NEDO Entrepreneurs Program(NEP)」に採択されたことも併せて発表しました。

3DCは、独自開発の新カーボン素材「グラフェンメソスポンジ(GMS)」の開発・製造・販売を展開しています。

「GMS」は、炭素原子がハチの巣のように六角形に結びつくグラフェンと同様に、ほぼ炭素1原子分の厚みでスポンジのような3次元構造を備えた素材です。

導電性、柔軟性、多孔性、化学的耐食性において高い数値を誇っており、様々に応用することが可能です。

従来のグラフェンは耐久性や製造コストに課題があり、商業的な普及が遅れています。一方3DCは「GMS」の量産性を高め、製造コストを大幅に下げる製造技術の確立に目処をつけつつあります。

今回の資金は、「GMS」を使用した製品の開発や素材のチューニングなど、各製品の早期実用化に向けた、国内外の多数の電池・機械・自動車メーカーとの研究開発に充当します。

グラフェンとは、炭素原子が六角形の格子構造で結びついたシート状の物質です。

ダイヤモンドよりも結びつきが強く、平面ではダイヤモンドよりも強固な物質と考えられており、さらに電気の伝導率は銀より高く、熱の伝導率は銅の10倍とすさまじい数値を誇っています。

こういった特性から夢の新素材と呼ばれることもあり、高速トランジスタ、タッチパネル、太陽電池向けの透明伝導膜、電気配線、革新的な電池の素材など、様々な可能性が期待されています。

一方で現状の生産技術では生産コストが高く、大量生産が困難であるという課題があります。そのため研究は進んでいるものの、商用利用が進まないという状況にあるのです。

「GMS」はこの量産性の課題をクリアした炭素素材です。

特に3DCは電池の長寿命化・高容量化の両立のために適用できるとして、「GMS」の研究と普及に取り組んでいます。

現在スマートフォンなどの電子機器で広く利用されている電池はリチウムイオン電池です。

しかしリチウムイオン電池の寿命は1年半から2年といわれています。

近年は電気自動車(EV)の普及や、家庭への太陽光発電システムの設置が推進されています。しかしEVに搭載されているのもリチウムイオン電池で、太陽光発電システムとセットで利用する蓄電池もリチウムイオン電池です。

こうした用途での活用を考えるとリチウムイオン電池はまだ性能が不足しています。

「GMS」はこのリチウムイオン電池において高容量化・長寿命化・高電圧化を実現するため、ブレイクスルーをもたらすものとして期待されています。

株式会社3DCのコメント

このニュースを受けまして、株式会社3DCよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

今回調達した資金は、「GMS」を使用した製品の開発や素材のチューニングなど、各製品の早期実用化に向け、国内外の多数の電池・機械・自動車メーカーとの研究開発への投資を予定しています。

・今後の展望を教えてください。

まずは小さいマーケットから参入し、しっかりと事業化・量産の実績を作っていき、最終的には電池の進化を加速することで次世代のインフラを担っていきたいと考えております。

・読者へのメッセージをお願いします。

次の世代に何を残せるか、その一心で事業を立ち上げました。
弊社に興味を持っていただいた方は、ぜひ気軽にご連絡ください!

研究開発には多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなどを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 3DC GMS カーボン カーボン素材 グラフェン グラフェンメソスポンジ リチウムイオン電池 新素材 株式会社 炭素 炭素素材 研究開発 製造 販売 資金調達 開発 電池
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

飲食店向けクラウド型モバイルPOSレジ「POS+ food」に注文・調理の進捗状況一元管理機能「POS+ kitchen display」が追加
2020年11月24日、ポスタス株式会社は、「POS+ food」のオプション・サービス「POS+ kitchen display(ポスタスキッチンディスプレイ)」を提供開始することを発表しました。 …
コンサルティング事業の「ピアズ」が12.75億円調達 「ウィル」と「マックスプロデュース」を連結子会社化
2022年5月30日、株式会社ピアズは、借入により12億7,500万円の資金調達を実施することを発表しました。 また、2022年5月30日開催の臨時取締役会において、株式会社ウィルと株式会社マックスプ…
手術トレーニング用模擬臓器「VTT」開発・製造の「KOTOBUKI Medical」が8,000万円調達
2021年5月28日、KOTOBUKI Medical株式会社は、約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 植物由来の模擬臓器「VTT(Versatile Training Tissu…
シーン映像分析プラットフォーム提供の「RUN.EDGE」が7.7億円調達
2022年2月3日、RUN.EDGE株式会社は、総額約7億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 シーン映像の検索・分析ができる、スポーツ映像分析プラットフォーム「FL-UX」を提供し…
全国の農家や漁師などの生産者と消費者をつなぐアプリ運営の「ポケットマルシェ」が資金調達
2020年12月21日、株式会社ポケットマルシェは、資金調達を実施したことを発表しました。 全国の農家や漁師などの生産者と消費者をつなぐアプリ「ポケットマルシェ」を運営しています。 また、引受先の農林…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ