注目のスタートアップ

コーディング試験サービス「HireRoo」運営の「ハイヤールー」が2億円調達

company

2022年5月31日、株式会社ハイヤールーは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ハイヤールーは、コーディング試験サービス「HireRoo(ハイヤールー)」を運営しています。

エンジニア候補者の技術力を測るためのコーディング試験サービスです。

AIによる自動採点機能や、解答の過程を再生できるプレイバック機能などにより、リモート下での技術評価も支援しています。

2022年1月から正式版を提供しています。2022年5月現在、導入企業数は約50社、累計選考数は3,000件を突破しています。

今回の資金は、開発・運営組織の強化、機能拡充、顧客サポート体制の整備に充当します。

今後、採用時の試験活用だけでなく、社内エンジニアの評価・育成のためのサービスをリリースする予定です。

デジタル化の加速に伴い、企業におけるソフトウェアエンジニア人材の重要性はさらに高まっています。

IT系では、新規事業への挑戦やプロダクトの改善のためには優秀なエンジニアが必要となります。

近年はエンジニアの採用プロセスで、コーディング試験を導入する企業が増えてきています。

理由としては、AmazonやIntelなどの超大手企業が導入をはじめたこと、スキルの高度化・多様化により人材を適切に評価することが難しくなったことなどが挙げられます。

特にエンジニアの技術を定量化することは難しく、多くはコーディング試験と担当者によるコミュニケーション(技術的なディスカッションなど)を通じてエンジニアを評価することとなります。

新型コロナの影響でオンラインでの人材採用も多くなった状況では、新たな採用手法が求められています。これに伴いコーディング試験サービスもオンラインに対応した機能が求められています。

株式会社ハイヤールーのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ハイヤールー 代表取締役 葛岡宏祐氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

・サービス改善開発のための採用人件費
・コーディング試験の更なる普及のために必要な広告宣伝費

・今後の展望を教えてください。

今後はエンジニア採用だけでなく、採用後の社内のエンジニア評価・育成に使えるサービス等に進化させることで、採用のみならず、母集団の形成から、見極め、更にその先の評価育成までHireRoo上で出来るべくソリューションになります。

強いエンジニアリング組織を作るならHireRooは必須だよねと、そんなことを実現するサービスにしたいと思います。

・読者へのメッセージをお願いします。

日本はものづくりで発展した国ですが、新しい時代を作るのに必要なものづくり、すなわちインターネットの世界においては後進国になりかけています。

そんな中先進を走るアメリカ等で実践されている手法がまだまだ実践されていないのが現状です。

HireRooを通じて日本のエンジニアリング組織を強くし、日本からGAFAのようなグローバルテック企業が輩出されるよう、今後も精進してまいります。

優秀な人材は企業の成長に欠かせません。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用のノウハウについて詳しく解説しています。創業期における採用は大きな投資となります。しっかりと準備をして臨むとよいでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI HireRoo IT エンジニア コーディング サービス テスト ハイヤールー プログラマー 人材採用 技術 採用 株式会社 試験 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

開業・経営支援サービス「CLINIC Support」において無料の診療圏データ「クリニック開業マップ」がリリース
2019年12月13日、メドピア株式会社は、「CLINIC Support」において「MedPeerクリニック開業マップ」機能を提供開始したことを発表しました。 「CLINIC Support」は、開…
高高度ガス気球や旅行用気密キャビンを設計・開発する「岩谷技研」が資金調達
2021年10月20日、株式会社岩谷技研は、資金調達を実施したことを発表しました。 これにより、累計調達額は5億3,000万円となりました。 岩谷技研は、高高度ガス気球や、旅行用気密キャビンを設計・開…
住宅確保困難者向け住居支援事業を展開する「Rennovater」が1.25億円調達
2022年6月24日、Rennovater株式会社は、総額1億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Rennovaterは、生活保護世帯などの住宅確保困難者に向けた住居支援事業を展開…
「メリービズ」が「Handii」が提供する法人カード発行サービス「paild」を活用した「原価計算ソリューション」を発表
2020年10月20日、メリービズ株式会社は、株式会社Handiiが提供する「paild」を活用した「原価計算ソリューション」を発表しました。 Handiiが提供する「paild」は、必要な分だけ法人…
睡眠の質を改善する一般医療機器製造・販売の「ナステント」が1.5億円調達
2020年2月27日、ナステント株式会社は、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 気道の閉塞を予防、呼吸の確保を助ける鼻腔挿入デバイス「ナステント」を製造・販売しています。…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ