歩いて稼ぐ広告バイト「Stchar!(ストチャー!)」が6/4に正式リリース

tips

2022年5月30日、株式会社Wanna technologiesは、「Stchar!(ストチャー!)」を6月4日(土)に正式リリースすることを発表しました。

「Stchar!」は、専用のバックパックに広告動画を再生したiPadを入れ、街を歩くだけで稼ぐことができるサービスです。

人間の目線の高さに広告があるため、既存の屋外広告よりも視認力が高いという特徴があります。

2022年5月現在、渋谷エリアでサービスを展開しています。エリアは順次拡大を予定しています。

屋外広告はデジタルマーケティングではリーチできない層にリーチできることから注目が高まっているメディアです。

屋外広告には、デジタルサイネージや、ビジョン広告、工事現場の仮囲いなど様々な種類があります。

これら屋外広告は、一定の場所に一定期間掲示されるため、そこを通る人にくり返し訴求できるという特徴があります。

また、テレビCMや新聞広告などと違い、自分からその広告を読み飛ばしたりすることができず、自然と目に入ってくるという特徴があります。これを強制視認性と呼んでいます。

屋外広告の一種である、電車内に掲示されている交通広告は、目線の高さに近い場所にあるため、強制視認性が高いものとなります。

ほかにも人通りの多い場所に設置された大型のデジタルサイネージを利用した広告はインパクトがあり、SNSで広く拡散されるという事例もあります。

そして「Stchar!」は、ギグワーカーが背負っているバッグに動画広告が掲示されるという新しい屋外広告です。

強制視認性が高いこと、固定された広告よりも広いエリアにリーチできること、同時放映であるためインパクトをもたらすことができることを特徴としています。

今回の正式リリースによりどのように利用がされていくのか注目が必要です。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。「冊子版創業手帳」では、SNSやインターネットを活用したマーケティングのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ iPad OOH広告 Stchar! Wanna technologies ストチャー! バイト リリース 屋外広告 広告 株式会社 正式
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

画像・映像認識AIアルゴリズムの「ACES」が介護者支援スタートアップの「aba」に行動認識技術を提供
2020年12月24日、株式会社ACESは、株式会社abaに、行動認識技術の提供を開始したことを発表しました。 ACESは、画像映像認識AIアルゴリズムにより、リアル産業のビジネス・プロセスやバリュー…
点群データの自動モデリングツール「Modely」など開発の「DataLabs」が1.3億円調達
2022年2月16日、DataLabs株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 点群データの自動モデリングツール「Modely(モデリー)」(3月末リリース予定)や、…
融資・補助金申請支援SaaS提供の「Scheeme」が1億円調達
2021年10月11日、Scheeme株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 融資や補助金の申請に必要な計画書類・申請書類をかんたんに作成できるSaaS「Scheeme」を提供…
クラウド製品マスター「Lazuli PDP」を提供する「Lazuli」が5億円調達
2022年4月21日、Lazuli株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Lazuliは、AI技術を活用したクラウド製品マスター「Lazuli PDP(Product Data…
ITエンジニア向け見積もり作成効率化SaaS提供の「Engineerforce」が3,500万円調達
2021年10月20日、株式会社Engineerforceは、総額3,5000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ITエンジニアの見積もり作成を効率化するSaaS「Engineerforce…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ