注目のスタートアップ

新素材「ナノマテリアルコート」の研究開発を行う「ハドラスホールディングス」が8.5億円調達

company

2022年5月24日、ハドラスホールディングス株式会社は、総額約8億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ハドラスホールディングスは、対象物にコーティングすることで超薄膜を形成する機能性薄膜、ナノマテリアルコートの研究開発を行っています。

非常に薄いコーティングであるため、塗布対象物の重量・外観・触感をほとんど変えることがありません。

材料により、抗ウイルス・抗菌・防カビ・防汚・防錆・防傷などの機能を付加することができます。

バッテリーの導電性の向上や電磁波遮蔽など、これまでの技術では不可能だったコーティング剤の開発に挑戦しています。

2022年5月現在、高純度ナノレベルコーティング剤「ハドラス(HardoLass)」・抗ウイルス・抗菌機能を持った「Dr.ハドラス」や、業界別のコーティング剤の製造販売を行っています。

今回の資金は、研究開発を加速させるための専門人材・営業人材の確保、設備強化、ブランディング強化のためのマーケティングに充当します。

コーティングとは、対象物の表面に何らかの被膜加工を施すことです。

目的に応じた多種多様なコーティング剤があり、素材そのものの機能だけでは足りない場合、コーティング剤を塗布して機能を追加します。

たとえば我々が普段使っているスマートフォンですが、ディスプレイはガラスでできています。このガラスを指によって操作することが多いのですが、そうするとガラスの細かい凹凸に皮脂などの汚れが付着し汚くなっていきます。これを防ぐため、ほとんどのスマートフォンのディスプレイにはガラスコーティングが施されています。

このようなコーティングは見た目にも触覚にもコーティングされていることがわからない場合がほとんどです。それでいながら抗ウイルス・抗菌などの機能を付け加えることができるため、非常に多くの商品で利用されています。

新型コロナウイルス感染症の流行によって感染症対策が重要となったことで、店舗や事業所内を抗ウイルス・抗菌の機能を持ったコーティング剤でコーティングするといった対策もよく見られます。

研究開発には多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなどを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Dr.ハドラス HardoLass ウイルス コーディング コーティング剤 ナノマテリアルコート ハドラス ハドラスホールディングス 抗菌 新素材 株式会社 研究開発 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

健康食品の商品開発から広告運用販売までを一気通貫で行う「BijoyOEM」がリリース
2022年1月11日、株式会社メディアドは、「BijoyOEM」をリリースしたことを発表しました。 「BijoyOEM」は、健康食品の商品企画から販売戦略までを一気通貫で行う、OEM開発支援サービスで…
建設業マッチング・アプリ運営の「助太刀」が7億円調達
2019年7月2日、株式会社助太刀は、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 建設現場と大工や左官などの現場職人をマッチングするアプリ「助太刀」を運営しています。 ほかには、その日の稼ぎ…
中国動画プラットフォームへのクリエイター進出支援サービス「TouchTV」展開の「TOUCH GROUP」が資金調達
2022年6月8日、TOUCH GROUP株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 TOUCH GROUPは、中国動画プラットフォームへのクリエイター進出支援を中心としたインフルエンサーマー…
日本円ステーブルコイン「JPYW」を発行する「PassPay」が資金調達
2022年6月13日、PassPay株式会社は、総額2,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。 PassPayは、2022年3月に日本円ステーブルコイン「JPY World(JPYW)」を…
ビジネス課題の解決に特化したマッチング・プラットフォーム「ビジマッチ」がリリース
2020年4月30日、株式会社MSデジタルは、「ビジマッチ」のサービス提供を2020年4月から開始したことを発表しました。 「ビジマッチ」は、ビジネス課題の解決に特化したマッチング・プラットフォームで…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ