注目のスタートアップ

C向けセールアンドリースバックサービス「CASHARi」運営の「ガレージバンク」が1億円調達

company

2021年10月13日、ガレージバンク株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

C向けセールアンドリースバックサービス「CASHARi(カシャリ)」を開発・運営しています。

ファッションアイテムやデジタルガジェットなどのアイテムを、スマートフォンで撮影した画像だけで査定を行い、そのまま資金化するサービスです。

申し込みの際に対面でのやりとりやアイテムの発送などを必要とせず、すべての手続きはオンラインで完結することが特徴です。

アイテムを資金化したあとは、3カ月の利用期間があり、その間は利用料(リース料)を支払うこととなります。

利用期間終了時には、契約時に表示された残存価格を支払うことでアイテムを買い戻す方法、残存価格をもとに再契約を行い利用期間を延長する方法、アイテムを発送する方法の3種類の方法を選ぶことができます。

今回の資金は「CASHARi」の運営体制の強化や、UXの向上に充当されます。

即時買取・即時現金化サービスは、アイテムの写真を撮ってアップロードするだけですぐに査定され現金化されるため、フリマアプリで売却するよりも手軽であることから話題となったサービスです。

モノを担保にすることから質屋の発展型としても捉えられており、安全なファイナンスサービスとしても注目されています。

「CASHARi」は、セールアンドリースバックという金融取引の手法を、C向けのファイナンスサービスとして応用したビジネスです。

セールアンドリースバック(sale-and-leaseback, S&LB)とは、所有している物品を売却すると同時にリース契約を結ぶという金融取引のことで、主に不動産の領域で活用されています。

通常の即時現金化サービスは、現金化したあとは数日や数週間以内にアイテムを送付する必要があります。

しかしセールアンドリースバックの手法であれば、即座に現金を受け取りながら、アイテムは保有したままの状態となります。

すぐに現金は必要ではあるものの、アイテムはまだ使わなくてはならない、といったユースケースが考えられます。

即時現金化サービスはどちらかというとフリマアプリの延長線として捉えられていますが、「CASHARi」はファイナンスサービスに軸足を置いています。今後、どれだけニーズを掘り起こせるかが重要となってくるでしょう。

起業においても資金は非常に重要なことのひとつです。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、創業期の資金調達の方法や、クラウドファンディングを成功させるためのノウハウ、VCから出資を受けるための方法など、資金調達にまつわる様々な情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CASHARi カシャリ ガレージバンク セール・アンド・リースバック ファイナンス 株式会社 資金調達 質屋
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

プログラミング不要でSaaSとSaaSをつなぐ「Anyflow」が2.2億円調達
2020年1月8日、Anyflow株式会社は、総額約2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 プログラミング不要でSaaSとSaaSを簡単に繋ぐことのできる、クラウドネイティブiPa…
ホテルの空き部屋を活用した旅行の行き先がランダムに決まる宿泊予約サイト運営の「Xtraveler」が資金調達
2021年6月30日、学校法人武蔵野大学は、株式会社Xtravelerが資金調達を実施したことを発表しました。 Xtravelerは、武蔵野大学において2021年4月に新たに開設されたアントレプナーシ…
花のサブスクリプションサービス「ブルーミー」運営の「ユーザーライク」が21億円調達
2022年1月14日、ユーザーライク株式会社は、総額21億円の資金調達を実施したことを発表しました。 花のサブスクリプションサービス「ブルーミー(bloomee)」を運営しています。 2022年1月現…
リモート人材事業の「キャスター」が資金調達
2020年6月3日、株式会社キャスターは、資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン・アシスタント・サービス「CASTER BIZ」や、採用業務の一括代行サービス「CASTER BIZ rec…
「H.I.S. Impact Finance」が「あおぞら銀行」と上限50億円の融資コミットメント契約を締結
2020年1月7日、​H.I.S. Impact Finance株式会社は、株式会社あおぞら銀行と、50億円を上限とする融資コミットメントライン契約を締結したことを発表しました。 H.I.S. Imp…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ