注目のスタートアップ

アルムナイ(企業の退職者)と企業をつなぐ「Official-Alumni.com」運営の「ハッカズーク」が資金調達

company

2022年5月23日、株式会社ハッカズークは、資金調達を実施したことを発表しました。

ハッカズークは、アルムナイ専門サービス「Official-Alumni.com(オフィシャル・アルムナイ・ドットコム)」を運営しています。

アルムナイ(企業の退職者)と継続的に関係を築いていくため、効率的にアルムナイのコミュニティを管理できる機能や、クローズドなコミュニティSNS機能、コンサルティングサービスを提供しています。

アルムナイとのつながりを強化することで、アルムナイの再雇用の促進、アルムナイから聞いた離職理由をもとにした改善、アルムナイの現所属企業との協業・連携、副業・業務委託、採用ブランディングなどを図ることが可能となります。

今回の資金は、人材採用、プロダクト開発に充当します。

アルムナイは、もともと学校(教育機関)の卒業生であるOB・OGのことを指す言葉でした。次第に人事領域でも使われるようになり、企業の退職者をアルムナイと呼ぶようになっています。

ほとんどの企業は数年前まではアルムナイとの関係を保つための取り組みは行ってきませんでした。それは日本の企業では一度退職した人材が同じ企業に戻ってくるのは稀なことだったからです。

しかし近年は人材不足が深刻化し、さらに業務が高度化している中で、即戦力となる人材を中途採用したいというニーズが高まってきました。

また働き方改革やキャリア形成に対する意識が変化したことで若い世代でも退職者が多く、人材の流動性が高まっています。

このような背景のもと、アルムナイとつながっておき再雇用などを行うという考え方が増えてきています。

アルムナイとのつながりを作っておくことで希望するアルムナイを再雇用することをアルムナイ採用と呼びます。また、アルムナイ採用を積極的に取り入れてアルムナイ制度として制度化している企業もあります。

またアルムナイ採用は、アルムナイが新たに就職した企業・組織との連携・協業につながることもありますし、退職しても戻ってくることができるという企業風土を作ることができるため採用ブランディングにもなります。

このように副次的効果も魅力的であるため、今後さらにアルムナイ採用を導入する企業が増えていくと考えられます。

人手不足の今、優秀な人材はとても貴重です。特に創業期は、ビジネスの成長の可否を決めるといっても過言ではないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Official-Alumni.com アルムナイ アルムナイ採用 オフィシャル・アルムナイ・ドットコム コミュニティ コンサルティング つながり ハッカズーク 人材 再雇用 採用 株式会社 資金調達 退職者 雇用
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ライブ配信関連事業展開の「ライバー」が2億円調達
2020年2月20日、株式会社ライバーは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 自社プラットフォームを持たず、クリエイターの企画・運営や、多数プラットフォームや関連企業との連携によりライ…
サブスク型マウスピース矯正「hanaravi矯正」運営の「DRIPS」が6,100万円調達
2020年6月30日、株式会社DRIPSは、6,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ニッセイ・キャピタル株式会社です。 マウスピース歯科矯正サービス「hanaravi矯正」を…
メタバース向け3Dアバターサービスを開発する「DENDOH」が6,030万円調達
2022年8月18日、株式会社DENDOHは、総額6,030万円の資金調達を実施したことを発表しました。 DENDOHは、メタバース向け3Dアバタープラットフォーム「molz(モルツ)」を開発していま…
就活生向けWebサービス「イッカツ」運営の「OCEANGATE」が資金調達
2019年10月28日、株式会社OCEANGATEは、資金調達を実施したことを発表しました。 就活を控える大学生向けの、就活サイトの一括登録サービス「イッカツ」を開発・運営しています。 今回の資金は、…
住宅確保困難者向け住居支援事業を展開する「Rennovater」が1.25億円調達
2022年6月24日、Rennovater株式会社は、総額1億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Rennovaterは、生活保護世帯などの住宅確保困難者に向けた住居支援事業を展開…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ