注目のスタートアップ

電気運搬船を開発する「パワーエックス」が41.5億円調達

company

2022年5月23日、株式会社パワーエックスは、総額41億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

電気運搬船「Power Ark」の開発や、大型蓄電池の製造・販売を展開しています。

「Power Ark」は、沖合にある洋上風力発電所でつくられた電力を船で陸に運ぶ電気運搬船です。

今回の資金は、大型電池製造工場「Power Base」の建設、蓄電池商品の研究開発、人材採用などに充当する予定です。

SDGs(持続可能な開発目標)が示されたことにより、再生可能エネルギーの普及に向けた取り組みが世界的に推進されています。

再生可能エネルギーには、太陽光、風力、地熱、水力、バイオマスなどがあり、世界では風力発電が主流なものとなっています。

一方、日本は欧州よりも風が安定して吹かず、風も弱いため、風力発電の導入が遅れています。また、台風も毎年訪れるため、頑丈な風車が必要となっています。

とはいえ近年は台風にも耐えうる風車が量産化されていることや、洋上風力発電設備のコストの低減など、技術的な問題も解決されつつあります。特に沖合は風が強いため、沖合に設置する浮体式の風力発電設備の実現が、日本における風力発電の普及にとって重要であると考えられています。

沖合の発電所から陸に電気を運ぶには通常海底ケーブルを利用することになります。しかし海底ケーブルは、船舶の航路、海洋資源開発、海洋研究、海洋環境保護など風力発電以外の海洋利用について配慮しなくてはならず、メンテナンスも必要となります。

そこでパワーエックスはこの海底ケーブルの課題を解決し、さらに海底ケーブルよりも送電コストを安くする電気運搬船の実現を目指しています。

次世代プロダクトの開発には多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資だけではなく、VCから出資を受ける方法や、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関するノウハウを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Power Ark SDGs エネルギー パワーエックス 再生可能エネルギー 株式会社 洋上風力発電所 自然エネルギー 蓄電 蓄電池 製造 販売 資金調達 電力 電気運搬船 風力 風力発電
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

DPC対象病院に特化した地域連携強化サービス「foro CRM」提供の「メダップ」が1億円調達
2020年6月4日、メダップ株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 大病院(DPC対象病院)に特化した地域連携強化サービス「foro CRM」を提供しています。 医療分野での関…
バーチャル・インフルエンサーの企画・開発・マネジメントの「1sec」が1億円調達
2019年9月4日、株式会社1secは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 バーチャル・インフルエンサーの企画・自社開発・マネジメントを展開しています。 バーチャル・インフルエンサーx…
「ジャングルX」が「SBIホールディングス」と資本提携 Web3事業推進に向けたJV設立に関して基本合意
2022年11月14日、ジャングルX株式会社は、SBIホールディングス株式会社との資本提携とシンガポールでの合弁事業会社設立に関して基本合意したことを発表しました。 ジャングルXは、オリジナルのスポー…
無料でインドネシア・シンガポールなどASEANの主要なECモールに出品できるECプラットフォーム「ECインスタント」がリリース
2020年9月8日、株式会社イー・エージェンシーは、「ECインスタント」を開始したことを発表しました。 「ECインスタント」は、10商品(SKU)まで無料で商品登録でき、販売から在庫管理まで販売手数料…
オンライン展示会「IT&MARKETING EXPO」運営やイベントテック事業展開の「ストラーツ」が2,500万円調達
2020年11月18日、株式会社ストラーツは、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン展示会「IT&MARKETING EXPO」などBtoB向けイベント事業の運営や、大…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ