注目のスタートアップ

次世代の抗がん薬を開発するバイオベンチャー企業「Chordia Therapeutics」が40億円調達

company

2022年5月19日、Chordia Therapeutics株式会社は、総額約40億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Chordia Therapeuticsは、次世代の抗がん薬を開発するバイオベンチャー企業です。

RNA制御異常を標的とした低分子医薬品による新たながん治療法の実現を目指しています。

すでに、選択的汎CDC様キナーゼ阻害薬「CTX-712」は第1段階の治験(第1相臨床試験)を開始しています。

今回の資金は、「CTX-712」の国内・国外での臨床研究の推進、その他の抗がん薬候補の前臨床試験に充当します。

タンパク質は、生態学反応を触媒したり、細胞内・細胞間の情報伝達を行ったり、細胞の構造を維持したりなど、細胞活動において必要不可欠なものです。

どのようなタンパク質を作るのかという情報は、DNA(デオキシリボ核酸)に格納され、遺伝子として親から子へと受け継がれています。

そして、DNAに保存された情報から、RNA(リボ核酸)を介してタンパク質が合成されることとなります。このRNAに何らかの異常が生じると、様々な問題が引き起こされることになります。たとえば、異常なタンパク質の合成・蓄積により、アルツハイマー病などの神経変性疾患、炎症・がんなどの加齢性疾患を引き起こしたりします。

がん・RNAの最新の研究により、がんにおいてRNAの制御が変容していることが新たに発見され、RNA制御異常ががんの発生・進行に大きく関与していると見られています。

Chordia Therapeuticsは、このRNA制御異常を標的とした低分子医薬品を生み出すことで、がんを根治する治療法の開発を目指しています。

医療領域など研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Chordia Therapeutics RNA制御異常 がん がん治療 バイオ 医薬品 株式会社 次世代 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AI与信管理サービス提供の「アラームボックス」が1.2億円調達
2019年12月2日、アラームボックス株式会社は、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 インターネット上の情報を活用したAI与信管理サービス「アラームボックス」を提供していま…
オフィス空間に特化した整理収納サービス「オフィス空間トトノエサービス」がリリース
2022年2月17日、株式会社ストラートデザインは、「オフィス空間トトノエサービス」を提供開始したことを発表しました。 「オフィス空間トトノエサービス」は、オフィス空間に特化した整理収納サービスです。…
電子トレカを用いたファンシステム「ORICAL」など提供の「ventus」が2.75億円調達
2021年12月20日、株式会社ventusは、総額2億7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 電子トレカを用いたファンシステム「ORICAL(オリカル)」など、スポーツ・エンタメ領域…
次世代のERPの提供を目指す「パトスロゴス」が9.5億円調達
2022年3月9日、株式会社パトスロゴスは、総額9億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 コアERPのSaaS提供の実現を目指しています。 柔軟性のあるERP SaaSの提供により、…
マイナンバーカードに特化したデジタルIDソリューション「xID」提供の「xID」が2億円調達
2022年1月19日、xID株式会社は、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 マイナンバーカードに特化したデジタルIDソリューション「xID(クロスアイディ)」を展開しています。 エン…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ