分散型コンピューティングパワー(計算力)を提供する「モルゲンロット」が「三菱商事」と資本業務提携

tips

2022年5月20日、モルゲンロット株式会社は、三菱商事株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

モルゲンロットは、分散処理コア技術「Excalibur」を中核としたソフトウェア開発力と、最先端のGPU技術を採用した先端ハードウェアシステムにより、高度な計算能力をクラウドベースで提供しています。

サービスとしては、クラウドCGレンダリングサービス「RenderPool」を提供しています。

また、GPUサーバーのノウハウを活用し、再生可能エネルギーや余剰電力を活用したグリーンデータセンター事業も展開しています。

今回の三菱商事との提携により、分散型データセンター網の構築、リアルタイム処理・低遅延処理を実現する為のエッジコンピューティングインフラの開発・実装など、新たなビジネス機会の創出を図ります。

また、ASEANを中心とした海外での協働事業展開も検討しています。現在、シンガポールにおける大規模計算力提供事業の共同展開に向けた協議を行っています。

大規模のデータ処理をひとつのサーバーで行うと、負荷がかかりすぎてしまい、パフォーマンスに悪い影響を与えてしまいます。

そのため、機械学習など大規模のデータを処理する際には、複数のサーバーに負荷を分散させて処理を行う分散処理という技術を利用することとなります。

近年のクラウドの普及により、機械学習などはクラウド上のリソースを使って分散処理で動かすということも増えています。クラウド上のリソースを活用すれば、コストの関係上自前でサーバーを用意できない企業でも、大規模のデータ処理が行えるようになります。

モルゲンロットは、クラウドを活用した分散処理において、CGレンダリングサービス「RenderPool」や、GPUクラウドなどを提供しています。

また、現在分散処理を行うためのデータセンターは、潤沢な電力を常に供給することによって成立しています。

モルゲンロットは、環境配慮型のデータセンター(グリーンデータセンター)を実現するため、再生可能エネルギー電力会社にコンテナ型のデータセンターの販売・保守・運用を提供し、再生可能エネルギー・余剰電力をコンピューティングパワーへと変換し、必要とする組織に提供するというビジネスモデルを構築しています。

データ活用は、企業の成長にとても重要です。そのためにはデータを上手く活用するためのシステムを整備する必要があります。「冊子版創業手帳」では、創業期における社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Excalibur GPU データセンター ハードウェア モルゲンロット 再生可能エネルギー 分散コンピューティング 分散型コンピューティング 株式会社 計算力 計算資源 資本業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

浄水炭サブスク「SUMITCH」が環境アクションプラットフォーム「change」と提携
2022年2月22日、株式会社クジラテラスは、株式会社チェンジ・ザ・ワールドが提供するサービス「change」と提携したことを発表しました。 クジラテラスは、浄水炭サブスクリプションサービス「SUMI…
「創業手帳」による美容業界向けオンライン・セミナー「初めての競合比較分析講座」が1/18に開催
創業手帳株式会社は、「初めての競合比較分析講座」を2021年1月18日(月)に開催することを発表しました。 「初めての競合比較分析講座」は、美容業界向けに、誰でもすぐに始められるマーケティングの考え方…
経頭蓋電気刺激を搭載したデバイスを開発する「Ghoonuts」が資金調達
2021年11月1日、Ghoonuts株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ニューロサイエンス(神経科学)によって人間の能力を向上させる技術を開発しています。 集中力の向上や、スポーツ・…
ホーム・オートメーション・サービス展開の「Connected Design」が4億円調達
Connected Design株式会社は、4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 東急電鉄のジョイント・ベンチャーとして、ホーム・オートメーションなど、個人向けIoTサービス用ハードウェア・…
EC購買データプラットフォームなど展開の「マインディア」が5億円調達
2022年5月31日、株式会社マインディアは、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 マインディアは、定性インサイトデータ蓄積プラットフォーム「Mineds for Insight Da…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ