広告費分割・後払いサービスを提供する「バンカブル」がマーケティング分析ツールを提供する「サイカ」と業務提携

tips

2022年6月23日、株式会社デジタルホールディングスは、グループ企業の株式会社バンカブルが、株式会社サイカと業務提携契約を締結したことを発表しました。

バンカブルは、広告費分割・後払い(BNPL)サービス「AD YELL(アドエール)」を提供しています。

インターネット広告の出稿費用の最大4回までの分割・後払いが可能となるサービスです。

決算書・担保・連帯保証人の用意が不要で、申込みから最短3営業日で利用可能になることを特徴としています。

ECストアデータとヒアリング情報をもとにリターンを予測することで適切なサポート額を算出します。

主に、マーケティング領域で融資を受けにくいEC事業者、とくにD2C事業者向けにサービスを提供しています。

サイカは、統合マーケティング分析ツール「MAGELLAN」や、データ戦略型アドエージェンシー事業「ADVA」などを展開しています。

今回の提携により、両社のアセットをかけ合わせ、より多くのD2C事業者に対し、広告に関わる実務から資金面まで総合的に支援します。具体的には、単価の高い傾向にあるテレビCMなどへの広告出稿を支援します。

電通が発表した調査レポート「2021年 日本の広告費」によると、2021年の広告費の比率は、インターネット広告費は39.8%で、テレビメディア広告費が27.1%となっています。

また、テレビメディアを含めたマスコミ四媒体広告費は36.1%であり、インターネット広告費はこの年にはじめてマスコミ四媒体広告費を上回りました。

インターネット広告費の伸長は、消費者のインターネットでの活動や消費行動が増加したことが要因であり、とくに新型コロナウイルス感染症による巣ごもり需要の影響が大きいと考えられています。

また、経済産業省の「令和2年度産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」(2021年7月30日発表)によると、すべての商取引における電子商取引市場規模の割合であるEC化率についてはBtoC-ECで8.08%(前年6.76%)と増加傾向となっており、EC市場の拡大が続いています。また、EC市場においてはD2C(Direct to Consumer)がトレンドとなっています。

D2Cとは、自社で企画・製造した商品を直接ユーザーに届けるビジネスモデルで、世界観やこだわりを打ち出したブランドが多いことが特徴です。また、中間コストを削減できるため、その分高品質なプロダクトを安く提供できるというメリットもあります。

D2Cは基本的にインターネットでの販売を基本としており、自社ECを持つブランドが多くなっています。自社ECを持つ理由としては、ブランド・世界観を表現しやすいこと、顧客データを収集・分析するため、ECモールへの手数料を削減するためなどが挙げられます。

また、インターネットでの販売を基本としているため、マーケティング・PRにおいてもネットが中心となっています。多様な顧客を獲得するため、百貨店などでポップアップストア(期間限定のストア)を出店するといった取り組みも増えています。

新規顧客開拓のためにテレビCMに取り組むD2C事業者も増加すると考えられます。バンカブルはサイカと提携することで、D2C事業者を資金面だけでなく、マーケティング戦略・制作・出稿・効果測定まで支援し、さらにD2C事業者の成長を後押ししていく狙いです。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。「冊子版創業手帳」では、SNSやインターネットを活用したマーケティングのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AD YELL ADVA MAGELLAN アドエール サイカ< デジタルホールディングス バンカブル 出稿 分割払い 広告 広告費 後払い 支援 株式会社 業務提携
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

飲食店の余った料理とユーザーをつなぐ「TABETE」の運営元が資金調達
株式会社コークッキングは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、伊藤忠食品株式会社などです。 飲食店や販売店にてフードロスとなる恐れのある食事を、アプリで出品・購入できるフード・…
低アルコールブランド 「koyoi」展開の「SEAM」が6,200万円調達
2022年6月23日、株式会社SEAMは、総額約6,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 SEAMは、低アルコールのクラフトカクテルブランド「koyoi」を展開しています。 今回の資金は…
遊休地を屋台でシェアするサービス「STAND3.0」展開の「Replace」が資金調達
2020年3月31日、株式会社Replaceは、資金調達を実施したことを発表しました。 遊休地を屋台でシェアするサービス「STAND3.0」を展開しています。 遊休地に賑わいを生みたい土地オーナーと、…
決済・金融領域での共創型コンサルティング事業など展開の「インフキュリオン」が24億円調達
2021年3月5日、株式会社インフキュリオンは、総額24億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 決済・金融領域での共創型コンサルティング事業や、QRコード決済に対応したウォレット・プラットフォ…
蚕専門の昆虫食スタートアップ「エリー」が第1弾商品「SILKFOOD チップス」を販売開始
2021年7月9日、エリー株式会社は、「SILKFOOD チップス」を自社ECショップで販売開始したことを発表しました。 エリーは、蚕専門の昆虫食スタートアップとして、養蚕や、原料の開発販売、商品開発…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ