化学のものづくりDXに特化したデータ解析・機械学習クラウドサービス「Datachemical LAB」がリリース

tool

2022年4月21日、データケミカル株式会社は、「Datachemical LAB(データケミカルラボ)」の提供を開始したことを発表しました。

「Datachemical LAB」は、無機・有機・高分子など化学のものづくりにおいて、手持ちの実験データを使って、クラウド上で容易にデータ解析・機械学習を活用することができるクラウドサービスです。

これにより、データサイエンティストがいない現場においても、新規の分子や材料設計にAIを活用することが可能になります。

まずは分子設計・材料設計から提供しますが、今夏には製造プロセス設計のパートのリリースを予定しています。

AI技術は様々な業界・領域で活用されていますが、化学分野においても素材開発など様々な領域でAIの活用が進められています。

たとえば、材料開発に情報科学を活用した手法はマテリアルズインフォマティクス(MI)と呼ばれており、実験・論文をAIによって解析して素材の分子構造や製造構造を予測したりするといった材料開発を高速化する取り組みが注目されています。

一方で、研究開発の現場でAIを活用するためにはデータサイエンティスト人材が必要となります。もし研究者自身でAIを活用するといった場合、プログラミングの習得から、AIを実践的に活用できるスキルの習得まで行う必要があるため現実的ではありません。

しかしデータサイエンティスト人材は、急激なニーズの高まりと、その専門性の高さから人材不足の状態にあります。そのためAIを活用したいと考えていても活用できないという状況が生じています。

「Datachemical LAB」は、化学分野に特化したデータ解析・機械学習クラウドサービスです。プログラミング不要で利用できるため、データサイエンティスト人材がいない現場においてAIを活用した研究開発を進めることができます。

データケミカル株式会社のコメント

このニュースを受けまして、データケミカル株式会社よりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

通常AIを活用するためには大量のデータを必要としますが、化学の材料開発の実験データは多くても数十サンプルです。Datachemical LABはそのような少量の実験データでも高い予測精度を実現する独自のアルゴリズムを有しております。

・今後の展望を教えてください。

今後は国内の化学メーカーだけでなく、他の化学産業の主要国である中国、アメリカ、ドイツの化学メーカーへのサービス展開を図っていきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

材料開発に取り組まれるスタートアップ様にも活用しやすいサービス体系になっておりますので、興味がありましたら、弊社までお問い合わせください。

データ活用は、企業の成長にとても重要です。そのためにはデータを上手く活用するためのシステムを整備する必要があります。「冊子版創業手帳」では、創業期における社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ AI Datachemical LAB DX データケミカル データケミカルラボ データ解析 ものづくり 化学 株式会社 機械学習
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スペースデブリ除去など軌道上サービスに取り組む「アストロスケールホールディングス」が101億円調達
2023年2月27日、株式会社アストロスケールホールディングスは、総額約101億円の資金調達を実施したことを発表しました。 この資金調達により、累計調達額は約435億円となっています。 アストロスケー…
AIサイバー・セキュリティ・ソリューション提供の「CyCraft Japan」が「三菱総合研究所」とパートナー業務提携を開始
2020年10月19日、株式会社CyCraft Japanは、株式会社三菱総合研究所を正規販売店として迎えることを発表しました。 これにより、三菱総研グループの株式会社アイネスとの3社連携で、企業向け…
専属M&Aエージェントサービスを中小企業向けに提供する「RISONAL」を運営する「オーナーズ」が1.8億円調達
2023年1月13日、オーナーズ株式会社は、総額1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オーナーズは、専属M&Aエージェントサービスを中小企業向けに提供する「RISONAL」を運営…
大手企業向けDX内製化を支援する「DNTI」と「日本創発グループ」が包括的業務提携を締結
2024年2月28日、株式会社DNTIは、株式会社日本創発グループと、2024年1月16日に包括的業務契約を締結したことを発表しました。 また、今回の業務提携と同時に、DN Technology&…
VTuber事業やメタバースマーケティング事業を展開する「Brave group」が「マイナビ」と資本業務提携
2022年9月9日、株式会社Brave groupは、株式会社マイナビと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 Brave groupは、グループ会社を通じ、バーチャルIP事業や、メタバース…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】