注目のスタートアップ

コンピューターゲーム向けサイバーセキュリティ事業を展開する「Sentry」が4,000万円調達

company

2022年5月11日、株式会社Sentryは、総額約4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Sentryは、コンピューターゲーム向けチート対策プロダクト「Sentry Anti-Cheat」を提供しています。

Windowsカーネルモードドライバー技術を用い、不正なソフトウェア/ゲームの管理元であるOS単位で不正なアクセスを遮断したり、改竄・不審なアクティビティを検出することでセキュリティを向上させるプロダクトです。

今回の資金は、プロダクト開発・プロダクト認知促進、プロモーション、グローバル展開、組織体制の強化に充当します。

コンピューターゲームにおけるチート(不正行為)は、オンラインゲームにおける大きな課題のひとつです。

チートはチート専用のソフトウェアを使ったり、ハッキングによってゲームのプログラムを改変したりすることで行われます。

チートは1人用ゲームで使用される分には誰にも迷惑をかけませんが、オンラインゲーム、特に対人ゲーム(PvPゲーム)でチートが使用されてしまうと、通常のプレイヤーは健全なプレイができなくなってしまいます。

たとえば、銃撃戦を行うゲームのチートとしては、弾が相手に向かって自動で飛んでいったり、移動速度を高めたり、壁越しに他プレイヤーの姿が視認できたりするものが有名です。

近年はeスポーツとして競技性の高いゲームも人気を集めていますが、チートが広まってしまうとプレイ人口が減ったり、新しいプロゲーマーが誕生しにくくなったり、プロゲーマーの中にもチートを使用しているのではないか、といった疑心暗鬼が生まれてしまうことになります。

そのため、ほとんどのオンラインゲームは、チートの使用を防ぐため、アンチチートと呼ばれるソフトウェアや技術を搭載しています。

とはいえ、使われているチートの多くは個人のハッカーが娯楽として開発して使っているものではなく、チート業者によってビジネスとして販売されているものがほとんどであるため、その開発のスピードは速く、チート開発者・業者とアンチチート開発者のいたちごっことなっているのが現状です。

一方、世界でもっとも多くの視聴者を集めるeスポーツタイトルは『League of Legends(LoL)』なのですが、そのデベロッパーであるRiot Gamesは、独自にチューンを施したアンチチート「Riot Vanguard」を使用しています。

「Riot Vanguard」はチート検出率において非常に優れていることで有名です。その理由としては、カーネル(OSの中核部分)レベルで動作するチートを防ぐため、アンチチートをカーネルレベルで動作させていることにあります。

Sentryは、カーネルベースのアンチチート「Sentry」を提供することで、独自に高レベルのセキュリティ対策を行えないゲーム企業を支援することを目指しています。

セキュリティ対策はゲーム企業以外にとっても重要なものです。適切なセキュリティの構築ができず顧客や社会に損害を与えてしまうと大きな損失となるため、事業活動・成長に必須のものと位置づけて取り組んでいくことが重要です。「冊子版創業手帳」では、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期に実施できるセキュリティ対策について詳しく伺っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ eSports eスポーツ アンチチート ゲーム セキュリティ チート チート対策 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Tomoni Solutions」による高校生向け就職情報サイト「U:story」が10/1にオープン
2020年9月17日、株式会社Tomoni Solutionsは、「U:story」を2020年10月1日にオープンすることを発表しました。 「U:story」は、高校生向けの就職情報サイトです。 学…
「フィンプラネット」による確定拠出年金向けロボアドバイザー「fintsDC」が提供開始
2021年1月27日、株式会社フィンプラネットは、「fintsDC」のサービス提供を2021年1月から開始したことを発表しました。 「fintsDC」は、確定拠出年金制度における加入者の資産運用を支援…
日本のモノづくりブランドをテクノロジーを活用して世界に提供する「MOON-X」が10億円超調達
2020年2月4日、MOON-X株式会社は、総額10億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 日本のモノづくりを体現するブランド群を、テクノロジーを活用して世界中に提供しています。 ブランド第1…
パブリック・クラウドのフルマネージド・サービス「cloud.config」提供の「FIXER」が12億円調達
2020年2月17日、株式会社FIXERは、総額12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 パブリック・クラウドのフルマネージド・サービス「cloud.config」を提供しています。 Micr…
画像・映像認識AIアルゴリズムにより産業のDXを目指す「ACES」が3.2億円調達
2020年12月3日、株式会社ACESは、総額約3億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 画像・映像認識AIアルゴリズムを活用し、課題解決と価値創出を行うDX事業を展開しています。 …

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ